九月、ぼろぼろだった前半

8/31日に8月最後の気功クラスをした後、急に喉の調子がおかしくなり、声帯にきたのか3日間声もでなくなり、九月三日からの週は沢山あった三日以外の予定を全部キャンセルして、久しぶりに家でおとなしくして、23日にピアノのコンサート(発表会?)の曲を練習したりしていた。

症状はビー玉くらいの範囲の猛烈な喉の痛み。熱も少しは出たかもしれなかった。1日から4日はひどく、それでも相続税をおさめるために、3日、立川の税務署まで自転車ででかけた。今は想像できないくらい、猛烈に暑い日だった。そんな無理がいけなかったのか、両目の周りに赤い輪のようなものができた。花粉アレルギーとは全く違う症状で、気功があまり効かず、「これは多分風邪というよりウイルスのせいかな。」と思っていたけれど、あっ、何かまずいと思い、6日に色々用事がはいっていたこともあり、やっと5日に国立内科クリニックにでかけた。

電話すると、予約で今日は一杯だと言うので、喉が猛烈に痛い、というと、では長く待つかもしれませんよ、と言ったけれど入れてくれた。10時半頃着いたが、既にかなりの方達がいた。待つ間冷房がいけなかったのか、発作のように咳が出てタオルで口を押さえたけれど、暫く咳をして気がつくと、周りに座っていた方達は皆移動して、いなくなっていた。その後も時々咳をしていると、私の座った所が受付のまん前だったのが影響したのか、思ったよりずっと早く呼ばれた。

お医者さんは私の話を聞いて喉を調べて「もう腫れは随分治まってますよ。」とおっしゃった。でも咳がまだ出ます、というと「それは又別です。」「眼の腫れ、喉の痛み、は溶連菌のせいです。」と診断を下し抗生剤を含むお薬を沢山出された。これは高いだろう、とこわごわ隣接の薬局に行ってみると、「ジェネリックでいいですか?」と言われて「はい。」と言うと、あっという間に用意してくれて、しかも思った額の半分以下だった。

光の不思議。以前のせた写真です。また新しいの撮ります。

溶連金はほうっておくと腎臓にくることがあるので、出された抗生剤をきちっと飲みきることが大事なようで、それはすでに飲みきった。四日間ほど良く寝たが、あんなに良く寝たので一週間は寝ていた気になったけれど、そんなに長くはなかった。久しぶりにまとまって休めて、猛暑の疲れも全てとれた気がした。しかしキャンセルした事が全部もう一度しなければならず、無理しないように進めようと思う。と思いながら11日、12日は豊橋、名古屋、豊橋と駆け回り帰京した。まず、せっかちな性格を直さなければいけないのかも。。。気功の仕事を偶然、9月の前半は全く入れてなくて、仕事に穴をあけなかったのは、せめてもの救いだ。

追伸:気功が効きにくいものはウイルス(気で殺すことはできない)、常に攻撃される大気汚染(対処がおいつかない)ある種のかぶれ、陽転反応が激しすぎて耐えられないもの、等です。今回のことは、無理がたたったのか、猛暑による菌の活発化か、年のせいか(これは一番認めたくない)或いは全てが原因かわかりませんが、気功師でもこの様なことがある、と書きました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です