タグ別アーカイブ: 超常現象

あるミィーディアムとの出会い(2)

少し時間が経ってしまったが、この前の続きは次の日の3月26日、月曜日のこと。主催したWさんのご好意で、個人的にゲイルさんとお会いして相談できることになった。(これをシッテイングと言う。イギリス、アーサー・フィンドレ・カレッジで覚えた言葉だが、ネットにも「霊視」とのっていた。)何を相談したかは、プライヴェイトのことなので、ここには書かないが、とても面白いことがあった。

Wさんのアドヴァイスで、両親の写真を持っていった。持っていった方が、通信しやすいのではないかということだった。前日に母の写真のことを言われたので、「遺影として選んだのはこの写真です。」とお見せしたいという気持ちもあった。

始めてすぐ、ゲイルさんが「お父様が来ています。」とおっしゃったきり、暫く目を丸くして黙ってしまわれた。私も黙っていると、少し困惑しながら「あの、すぐ、お母様もいらして二人でここで議論なさっています。」と言われたので、思わず大きな声で笑ってしまった。二人は、特に母が元気な時は価値観の違いから喧嘩が絶えず、それを新井薬師の御前様の前でも平気で二人で大声で言い合い、私は肩身が狭かった、という過去があった。どうも私が持ち込んだ相談で二人の意見が違うらしい。これが両親である証明でなくて、なんなんだという様子だった。

そのことについては、どうも父が折れて、というか納得して母がメッセージを伝えてくれた。それとは別に母は「お父様はこちらに来て短い間に随分変わった。あなたに見せてあげたい。」と言ってくれた。父は頭はすごくいいけれど、利己主義で頑固、ケチな面があり、母が倒れた後世話をするのに少し苦労した。昔しか知らない姉は「そんなとこだけではない。やさしい面もあった。」と言っていたが、父は、私を母の代わりとみなしたのか、かなり我がままを言った。するとゲイルさんが父が私にapologizeしている、(謝っている)と言ってくれて、その言葉を聞いた途端、ああ、美輪さんが「人の個性は死んでも変わらない。馬鹿は死んでも馬鹿のままよ。」という名言を吐かれたが、父は変わってくれたんだ、湯灌の時、「ご苦労様でした。しっかり休んで気がついたら、今までのこと、よく反省して、あの世でもご活躍ください。」という言葉が届いたのだろうと、全ての嫌な思い出は雲散霧消してしまった。そしてあの世に逝っても親というものはやはり、子供のことが気になるのだ、しっかり生きなくてはいけない、という思いを新たにした。

今年の桜は綺麗でした。お父様、お母様もみましたか?

次の日、早速アメリカの姉にこのことを報告した。すると「や~ね~、あちらの世界に逝っても二人でそんなことしてなきゃいけないんだ。」と笑っていた。そして、私が相談に入ったらすぐ、ドアが風もないのに二度すごい音が鳴り、終わる時も同じように音が二度して、それは「冨田さんの時が一番大きかったけれど、他の方も大体同じようで、ああ、今誰か入いった、とか出て行ったとか話していた。」と言われた話もして、「私の想像だけれど、二人は新入りなので、まだドアの通り抜け方に慣れてないんじゃないかしら。だから他の人より大きな音がしたのよ。」と姉に言ったら「それは絶対そうよ。」と言ってまた笑い転げていた。こんな会話ができるだけでも、姉がいてしみじみ良かったと思った。

 

 

 

亡き祖母のメッセージ

前のブログで母方の祖母の法事に、本人(?)に会った話を書いたが、その時祖母は「うふっ」というオーラが出ていた。(とこれも書いたと思う)実は不思議だった。私が知る祖母は「亡き夫が残した病院が親戚に乗っ取られた。」と夜、母と泣いている所とか、脳梗塞を患った後に少し不機嫌そうに座っているところしか知らなかったからだ。

ピアノの発表会で、お友達から頂ました。いつまでも美しく咲いています。

ピアノの発表会で、お友達から頂ました。いつまでも美しく咲いています。

先日、叔母と法事の話が出た。その叔母と祖母の幽霊のことを始めて話して驚いた。叔母が「恨んで出てきた感じだった?」と言うので、「ううん、何か『うふっ』という感じで不思議だった。」と言うと、「ああ、それ確かにおばあちゃま。もの凄く、人を驚かしたりイタズラが好きで毎エイプリル・フールは必ず何かして。。。皆が良く通る橋の所で死んだ真似してて、大騒ぎになったこともあったのよ。」と私が知らなかった面を教えてくれた。

へえ~、そんな陽気な面もあったんだ、と私は祖母が伝えてきたメッセージにびっくりした。祖母は私が二度も驚いたので、大喜びしているかもしれない。亡くなった後も個性が残るって本当なのですね。

不思議な話

もう去年のこと。私の母方の祖母の33回忌に豊橋のお寺まででかけた。もうほとんど近親者だけだったけれど、20名以上はいたようだ。久しぶりに会った方もいて、ひとしきり話をした後、法事がはじまった。「般若心経」を唱和したけれど、私が知っているお経の速度よりずっとゆっくりだったので、調子が狂ってしまい途中何度もわからなくなってしまった。

ジャジャジャ~ン。今年初めての富士山。車窓から。

ジャジャジャ~ン。今年初めての富士山。車窓から。

おばあちゃまもあきれてるだろうな、と思いながら前を見ると、祭壇の横の後ろの方に着物を着た女性が立っている。こちらを見ていないで首をかしげて右の方をみている。胸元の白い襟が広く見えて黒い着物の下に模様が入っているので、いわゆる黒留という近い親戚の結婚式に着る着物を召している。黒留にしたら、襟の合わせ方が緩く襟も出すぎだと感じた。あまりはっきり見えるので、「これは人形か立て看のようなものに違いない。読経の後サプライズで出してくるのかしら。でもちょっと考えられないな。」とぼんやり考えた後、「まさか祖母の幽霊?」と思った。祖母はそういう時代でもあったのだけれど、特に着物が大好きで、私も「さすが、名古屋着倒れの人だな~」と思うくらい上等な着物を沢山持っていた。

私は二列目に座っていたので、前にいた従姉妹にひそひそ声で声をかけた。「ねえ、隅に女の人いない?」すると凄い勢いで私の方を振り返り、「私もそう思っていた。」と言ったのだ。みんなに見えるのだったら幽霊のはずはない、と思い色々の人に聞いてみたけれど、「私、見えます。」と言ったのは他に一人だけ。後の方はぽかんとしていた。二人にどんな風にみえるか聞いてみると、姿勢、着物、大きさが一致していたので同じもの(人)を見ていたことは間違いない。

何人か幽霊にお会いしたけれど、複数で見たのは始めてだし、他の方は何か蝋燭の光の中のようにぼんやりした中に見えたけれど、祖母(?)はあまりにもはっきり見えた。近寄ったら消えてしまう。でも遠ざかるとまた見える。始めに声をかけた従姉妹は、若い時からお葬式の司会を仕事としていたので、あの世界に近いのかもしれない。もう一人の従弟のお嫁さんも純粋な方だ。見えた幽霊は雰囲気が(幽霊でも雰囲気があるのです)暗くなく、なにか「くすっ」と笑っている感じだったので、法事を喜んで下さったのかもしれない。久しぶりにあの世の方に会えた法事だった。

 

ある出会い(1)

「黄色い花」は夏の象徴。近所の道端から。

「黄色い花」は夏の象徴。近所の道端から。

私は気功師なので、目に見えないものを信じている。どうせならもっと学ぼうとスピリチュアリズムを学んだり、アラン・カーデックの「霊の書」などを読んでいる。その中で「低級自然霊」という言葉を目にした。「自然霊」とはこの世に生を受けたことがない霊で「お狐様」「竜神」「天狗」などが良く知られている。「低級」がつくと、どうやら人に害を及ぼすらしい。勿論「高級自然霊」も存在する訳で、要するに人間と同じ様に波長の高いものから低いものまでいる、ということらしい。でも何かぴんとこなかった。

四月中旬に熊本地震が起きた。被害状況を心配しているある日、少し離れた机の上に置いてあった新聞に、奇妙な写真が写っているのに気がついた。土の中から出てきた龍の化け物、の様に見えた。不思議に思って近づくと、写真の横に「阿蘇大橋の近くの土砂崩れ」と説明があった。首、目、角もあるように見えた龍のお化けは「土砂崩れの跡」であった。一面をめくって二面を見るともっと驚いた。龍のお化けが出てきた所と同じ所から横に青虫と蛇を合わせた様な、なんとも奇怪な生き物が這い出している。ぼんやりと「そう言えば、熊本地震は大きな揺れが二回あったな。」と思った。

次の瞬間、「これが低級自然霊?!!!」とはっとした。多くの方に見てもらったが、ほとんどの方が認めてくれた。私の次の課題は、どうしてこの様な低級自然霊が生まれなければならなかったのか、ということだ。人間の、自然を粗末にする念がうみだしたのだろうか?今は「科学的に」証明できるものではないが、スピリチュアルの世界に真理は存在する、と確信している。続けてスピリチュアルな世界を探求していこうと思っている。

追記:写真が載っていた新聞は4/16、読売新聞夕刊

季節はずれの怪談

もう一ヶ月も前のことになる。8/23日にSさんのヒーリングをしていた。そこにメールの着信音が。「ちょっと失礼」と言ってメールを見たら一人はZさんから。もう一人はOさんから。なぜか気になってZさんだけ内容を見たら「ちょっとお話がありますので、後で電話を下さい」とのこと。ふ~ん、私が手が離せないのがわかっているような内容ね、と思ってZさんを知っているSさんにただ「Zさんからのメールだった」と言った。

書を得意とした御前様が書かれた額

書を得意とした御前様が書かれた額

ヒーリングも終わり車で出かけていてメールを思いだした。Zさんに電話をかけると「えっ、あっちゃん?丁度今、御前様のお墓参りに娘と出ようとした所。すごい勘ね。一緒に行かない?」と言う。一ヶ月前の7月23日が午前様の三周忌にあたり、二人でお参りして「お盆にも来ようね」と言い合ったことを思い出した。突然だったのとお盆は過ぎてしまっていたので「ごめんね。今日は無理。あの、さっきのメールはこのこと?」と聞くと「何?メール?悪いけれどもう出るから後でね。」と話しがかみ合わない。

変なの、と思っていたが、後で以下のことがわかった。彼女はメールしていない!!!でも私は確かにメールを見た。けれども後から考えたら、彼女の名前も文も背景が明るくなく薄暗かった。メールしていない、と聞いて、そんなばかなと思い検索をかけて捜したけれど本当になかった。あまりの不思議さに送ったメールが消えることがあるか調べたけれど、それはあり得ないことだった。(その前に本人が送っていない、と言っているのだが。。。)

困惑してヒーリングに来ていたSさんに「Zさんからメールがあった、と言ったよね。」と後で確かめたら「言ってました。」と覚えていてくれた。結論。Zさんは御前様があっちゃんにも一緒にお墓参りに来て欲しくて、メールを私の名前で送ったのよと言う。私は御前様が自分が亡き後のお寺が心配で、気にしてくれというサインだと受け取った。私は時々不思議なことを体験するが、現代機器を使った不思議体験は始めてだった。今のお寺は一昔より大変だろうけれど、御前様がなさった様に庶民に寄り添って、人々の悩みを聞いて衆生を救済することを続けていただきたいです。

高尾山へ

気功クラスに参加して頂いている履修者の皆さんに、良い「気」に触れていただくためパワースポットを捜していたが、まず近場の高尾山はどうかということになり、今日八王子に住んでいる着物仲間の方と下見に行ってきた。天気がよかったが、木陰の多い六号道路を登ったので左程紫外線も気にならず、新緑や川のせせらぎを聞きながらの爽やかな登山となった。

高尾山とは関係ありません。午年なので。。。

高尾山とは関係ありません。午年なので。。。

幾つかの「気」がある所をチェックして神仏習合の神社もお参りして、下りのリフト乗り場に向かっている時のこと。見晴らし台のように広くなっている所で女性が二人上の方に向かってしきりに写真を撮っている。霊能力はない私だが勘はいい。何となく「これは」と思い、「何を撮っているんですか?」と聞くと「これ」と見せてくれた画面には、見ても何もないはずの木々の所に大きな繭玉のような、風船のようなしかも鮮やかな赤と青の色がついた物体が浮かんでいる。「これ、動くんですよね。」と言うので「他の人でも撮れますか?」と聞いたら、「撮れるでしょう。」と言うので連れの方を呼んで撮ってもらった。(なぜなら私の携帯の電池は切れていたから)

すると色はついてないが、確かに白いもやの塊のような物が撮れた。私は高尾山に住むという「烏天狗」の魂ではないかという気がした。帰る時になって、こんな不思議なものを高尾山の神様が見せてくださった。心からお礼申し上げます。始めて乗った下りのリフトから見た景色も広々として、最後まで高尾山を満喫したのだった。

今日の反省;(1)軽やかに登山するには太りすぎた.
(2)携帯の電気はいつもfullにしておくこと。

不思議な話(2) 後日談

姉から頼まれ気功ヒーリングした夫妻から夕食のお誘いがあり、メキシコ料理をごちそうになった。その時ホテルで体験した出来事を話したら、ご主人の方が「それはホテルの悪戯に違いない。」と言う。根拠は「規則的に動いた」ところだそうだ。でもあの大きなベッドをあれだけ揺らすには大変な電気代がいるし、では何故、心に或霊能者の名前を念じたら、ぴたっと止まったのかが説明できない。次の日のことも「どこかに仕掛けをしたのだろう。」と言う。今考えてみると、「非科学的」なことを信じない人が良く私の気功が効いた、と喜んでくれたと思う。

神社の水瓶

神社の水瓶

帰国してその話を友達にしたら「仕掛けで動くbedなんて、あなたがよく行く派手な外観なホテルに私は泊まったんじゃない、と言ってやればよかったのに。」と過激な言葉が返ってきた。

昨日の続き

おみくじ

結ばれた゛おみくじ″

昨日はPoltergeistの事を書いたが、実はまだ続きがある。次の日の夜中、同じ部屋同じベッドで私はふと目を覚ました。姉は横で寝ている。ここが大事で物音がしたから、とか何か特別な刺激があった訳ではない。ふと目を覚ますとテレビが置かれた後ろの壁に幾何学的な模様が光っている。えっ、と思って目を凝らすとそれは規則的に幾何学模様のまま大きくなったり小さくなったりしている。咄嗟に光源を探した。テレビの後ろ、窓から外を見たり、見つからない。しまっていたカーテンを思い切り開けた。光の模様は薄くなったけれど相変わらず規則的に動いている。

「又出ちゃったよ。○○さん」と心の中で思っただけで、もうお経を唱えることもせずにそのまま寝てしまった。翌朝又姉夫婦に言って、壁や天井を綿密に調べたけれど何もdeviceは見つからなかった。考えてみれば確かに光だったけれどbeamは見えなかった。光源があるわけない。もしghostの仕業だとしたら「規則的」なことが余程生前好きな人だったに違いない。「Who are you?」「What do you want to say to me?」と問うてみれば良かった、と今思っている。

不思議な話 その2

もう四年前になるが、姉の息子、つまり甥の結婚式に来てと言われ、単身アメリカに渡った。姉のいるニューヨーク州からアラバマ州へ。そこのホテルで泊った時の事。ダブルベッドで姉と寝たが、その大きいこと。日本人なら軽く四人位寝ることができそうだった。夜中、そのベッドが揺さぶられて目が覚めた。完全に地震だと思い、そのうち止むだろうと思ったけれどしつこく揺れている。姉を起こそうかと思ったけれど、明日結婚式の準備で5時に起きなくてはいけない事を思い出してやめた。止んだ。が1分後に又同じように揺れ出した。それを3回程規則的に繰り返して、やっと「おかしい、地震ではない」と気がついた。

たわわな実

何の実だろう。たわわになっていた。

「ひょっとしてこれがポルターガイスト?」と気づきお経を唱えたのだけれど止まらない。夢中で「Help me, ○○」と霊能者の名前を呼んだら、ぴたりと突然とまった。朝、顔を合わせた途端姉がすぐ「What happend to you?」と言ったので、説明したら「ここでお経が通じる訳ないじゃない」と言って笑っている。「冗談じゃない。怖かったわよ。信じてないんでしょ。」と抗議すると「あなたの言うことだから信じる」と言って準備に行ってしまった。夕方スコールがきて全館停電になったり、なんだか「こいつ、からかってやろう」的なものの気配を感じたホテルだった。