タグ別アーカイブ: 映画

ドリアン助川さん、「あん」おめでとうございます

KIRAKU気功教室では許可を頂いて、ドリアン助川先生(朗読を教えていただいていた)の、発声のための腹式呼吸をクラスで使っている。する度に「これはドリアン先生から教えていただいて」と言っていたのだけれど、みんな???という感じだった。

「あん」の本を出された時すぐ読んだ。あまりいい本だったので、従姉妹の子供にも先生のサイン入りの本を送ってあげた。ハンセン病、俗にいうライ病患者の苦難の歴史を一人の女性を通して見事に語っているが、決して暗くも重くもならず、私達がしてきたことや人間のあり方も含めて静かに反省させられる本だった。

札幌の夜は明るい。でもそう涼しくはなかった。

札幌の夜は明るい。でもそう涼しくはなかった。

朝日新聞に「明川哲也」の名前で人生相談を掲載していて、その答えに感激して朗読の講座に出席したことは前にも書いたと思う。「先生、これ映画にしたらどうですか?」と言ったら「冨田さん、映画作るのいくらかかると思ってるんだよ。でも実は今考えているんだけどね。」という答えが返ってきたので、「一人一万円でなるべく多くの人から集めればいいですよ。私達にも責任ありますから」と言ったような覚えがある。(そう言えば江原さんにも自作のオペラ書いて主演して、と発言し同じ答えが返ってきた。誰にでも言っているわけではなく、このお二人にしか言っていないけれど)

そして映画「あん」はできた。勿論見に行ったしクラスの方にも宣伝した。主役が樹木希林さんしか考えられない、と感じるほどはまっていて、心のひだが細かい所まで伝わってきた。対する男性俳優も若いのになかなか渋くて魅力的だった。ただ、たばこを吸う場面が多くてクラスの重症の煙アレルギーの人には見せられないと思ったが、やるせない悩みは良く表現されていた。

監督も今をときめく河瀬直美で、私が見た映画館では河瀬直美の映画の撮り方がどのように個性的かも解説してくれていたので、より楽しむことができた。ただ本では、一番最後の、林に亡くなった主人公が現れる場面でず~んときたのに、それが映画では変更されていたのが少し残念だった。

ドリアン先生と仲の良かった中島啓江さんも、天国で先生の本と映画の成功、喜んでらっしゃいますよ。

ネタばれはまずいと思い、今頃書きました。(A good excuse)クラスの方達もあ、あのドリアン助川さん、と今ではわかってくれます。

怖い映画の話

ある人に勧められて、怖いDVDを見た。「エクソシスト」と「オーメン」。両方評判になっただけあって、確かにおぞましく怖い。でも前と違って余裕を持って見ることができた。何故かというとある本を読んだ後だったから。

昭和記念公園の竹の芸術

昭和記念公園の竹の芸術

とても悪賢くその上世知にたけた男がいた。自分のためなら、詐欺、裏切り、殺人と何でもして、死んでから後も悪魔と取引をした。人に憑依して自殺に追い込んだり、人生を破滅させたりした。そしてとうとう地獄の最下層に落ちるのだが、そこで散々な苦しみを味わった後、「神様だけは人間の苦痛の一切を知っておられる」ことに気づき、そこから悪戦苦闘して地獄から抜け出していくという話である。

結局私がこの話で知ったのは、極悪人も悪魔も神の摂理の内にあるということ。また神は全ての人の悲しみを知っていて、どんな人でも永久に見放すとことはないということ。他の人はどう思うか知らないけれど、私は直感的にこれは信じることができると思った。怖いものの正体を見てしまった気分になり、それでも決して近寄りたくはないが、不思議と悪霊とか悪魔に対する怖さがすーっと小さくなってしまったのだった。

映画と気功の話

着物仲間の一人が「レ・ミゼラブル」は面白い、と教えてくれたので、忙しい中思い切って行ってきた。すると館内でカード会社の方に呼び止められ、カードを契約すると映画の券を一枚くれるという。一度使えば年会費は無料と言うので、悪い話ではないと思い契約。無料で見てしまった。何というラッキー。ついでにその方に気功の宣伝も出来て二重にラッキーだった。水曜日は女性デーと思っていたが、今はもうないそうな。(土、日の夫婦か夫婦らしき人達、どちらかが50才以上の割引はまだある。)

映画はセリフが皆歌になっているけれど、ほとんど英語なのでリスニングの練習したい人にもお薦め。肝心の内容はただもう感激。単純な完全懲悪でもなく、「人を許す」ということはどういうことか、この世で正しく生きるとはどういうことかを考えさせてくれる。子役の才能も光っていた。

駅の生花。素敵なセンスだと思う。

駅の生花。素敵なセンスだと思う。

今日は気功的にも(?)嬉しいことがあった。母の所に行く途中のお店で働いている女性に、気功教室の話をして「来ませんか?」と声をかけていたのだけれど今日、OKの返事を頂いた。これでめでたく七人になった。責任重大。まだ返事を貰ってない男性が一人、来ると言って大怪我をしてしまった女性が一人。どんなに少人数でもやるしかない、と覚悟していたのでもう十分だがチラシがまだあるので、後五人程は募集の予定。