映画と気功の話

着物仲間の一人が「レ・ミゼラブル」は面白い、と教えてくれたので、忙しい中思い切って行ってきた。すると館内でカード会社の方に呼び止められ、カードを契約すると映画の券を一枚くれるという。一度使えば年会費は無料と言うので、悪い話ではないと思い契約。無料で見てしまった。何というラッキー。ついでにその方に気功の宣伝も出来て二重にラッキーだった。水曜日は女性デーと思っていたが、今はもうないそうな。(土、日の夫婦か夫婦らしき人達、どちらかが50才以上の割引はまだある。)

映画はセリフが皆歌になっているけれど、ほとんど英語なのでリスニングの練習したい人にもお薦め。肝心の内容はただもう感激。単純な完全懲悪でもなく、「人を許す」ということはどういうことか、この世で正しく生きるとはどういうことかを考えさせてくれる。子役の才能も光っていた。

駅の生花。素敵なセンスだと思う。

駅の生花。素敵なセンスだと思う。

今日は気功的にも(?)嬉しいことがあった。母の所に行く途中のお店で働いている女性に、気功教室の話をして「来ませんか?」と声をかけていたのだけれど今日、OKの返事を頂いた。これでめでたく七人になった。責任重大。まだ返事を貰ってない男性が一人、来ると言って大怪我をしてしまった女性が一人。どんなに少人数でもやるしかない、と覚悟していたのでもう十分だがチラシがまだあるので、後五人程は募集の予定。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.