タグ別アーカイブ: 信条

ボランティアは難しい

ボランティアと言えば全ていいことの様に思うが、時々疑問に思うことがあった。一つは相手にたいしての押し付けではないか、ということだ。これはもう常識だけれど、海外で支援を計画している地域にお金をつぎ込むだけでは、いつまでたっても状態は変わらず、その地域が自力で生活できるように、援助していく、自分達の力を発揮できるようにすることが援助の第一目的になっている。勿論そのためにはお金も必要であるし、子供の衛生のための医療用品も揃えなければならない。

さて、もう一つの要注意のボランティアの側面は、自己満足や自己承認欲求のために無意識にボランティアを利用してしまうこと。ボランティアグループの中で派閥ができたり、いじめがある話を聞いたことがあるが、これはまさしく自分のためにボランティアをしているからなのだろう。「相手の喜ぶ顔がみたい」というのも自己満足で一種の依存だったりする。時流で高揚した時だけ流行にのってボランティアに行くのは、行かないよりいいと思う。でも本当のボランティアとは、相手を良く見て、本当に必要な時に必要なことをすることなのだろう。

4時頃の我が家の庭の様子。肉眼ではみえなかったいろの付いた光はな~に?

とはいうものの、100%純粋な人はいない。要は、自分の中に本当のボランティアに値する動機があるかないかを内観することによって随分違ってくると思う。表面的にはその時は同じに見えても、その後の生き方が全く違ってくるだろう。

もう一つ、狭い話で寄付について。私は小額をちょこちょこ寄付しているが、寄付もボランティアと一緒で大変難しいと感じている。どういう所にどれだけするか。うちの両親は裕福の部類に入っていたと思うのだが、途中まで一切しなかった。母はある団体に一年に一回会費を送り始めていたけれど、母が倒れると父はやめてしまった。

いつの時代も誰でも将来の不安はある。それは自分だけの縦の世界。自分が生きているこの時代、同世代の人間と横の広がりを意識すると、自然と応援したくなる人達が沢山いる。そういう動機がなければ、全て自分の自由になるお金から寄付していくのは難しいことだろう。不安も人の欲も際限ないから。お金はまさに自分の霊格を問う試金石、ということを肝に銘じて、これから扱うことになるだろう遺産の相続(決して多くはないが)を進めていきたい。

(私が学んだ)霊格を上げる方法(2)

「霊格を上げる方法(1)」から時間がたち過ぎてしまい、何を書いたかわからなくなってしまって、見直してみたが、なかなか的を射た(「得た」でも間違いではないらしい)ことが書いてあった。(自画自賛) 話を戻して、どうやって霊格を上げるか。

母のいる施設のハロウィンの可愛い飾りつけ。

母のいる施設のハロウィンの可愛い飾りつけ。

これは学んだことを基礎にした、あくまで私の考えだけど、霊格を上げるには消極的方法と積極的方法があると思う。積極的方法は、ひたすら他者、特に助けを必要としている人、いわゆる社会的弱者を他人ごととしないで関心を持ち、できる範囲で、或いはできるできないさえも考えないで、ひたすら寄り添うこと。なにかしてあげようと思うと、上から目線になってしまうかもしれないが、その人の立場になり自分だったら何をしてほしいか考えることが大事だと思う。

マザーテレサやイエス・キリスト、日本でも叡尊がそういう生き方をした人達だ。社会的弱者に対して貶めたり、見て見ぬふりをしなかったどころか、一人一人の中に神をみた。叡尊の時代は阿弥陀仏の生まれ変わりと見ていたりする。ここら辺のことを書くだけで一冊本が書けそうだ。

勿論私は、そんな大役は上の世界から期待されていない。(だろう)でも聖人と言われた方達の、他者に対する心構えだけはお手本にできる。困った状況にある人達の中に神を見て自分がどう対処するか考える、少なくとも我が事としてみる。困った人だけではなく、誰に対してもこういう視点をみんなが持てば、世界は必ず変わってくると思う。消極的方法は(3)で。明日書きます。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。遅い新年のご挨拶で申し訳ありません。今年の新年の誓いを自戒の意味も込めて書いておきます。

○規則正しい生活(毎年書いています。特に夜ギンギラ型なので、朝の早起きが苦手。皆さんに言う割には早朝の太陽エネルギー摂取がなかなかできず反省)

○体に合わないコーヒーは飲まない。(上記のこととも関係あるのですが、朝ぼーっとしているので、ついコーヒーを飲みたくなる。どうもコーヒーのカフェインが私によくない。デカフェのコーヒーやココアと混ざっているのだったら大丈夫。紅茶は大好き。)

○気功の仕事に関しては最善を尽くす。(偶然とはいえ、今年は江原さんのおみくじ、谷保神社のおみくじ、以前大凶が出た高幡不動のおみくじ、《この年、母が倒れた!以来要介護5》九星気学、中森先生やクラスの方が新宿のミロードでしている算命学、どれをとっても最高。心して過ごさなければチャンスの尻尾を捕まえられない。)

○うちの整理を頑張る。(次男が断舎離に目覚め、お正月に帰った時、うちに置いてあった荷物を大量に捨てていった。母も頑張る。)

○音楽関係をおろそかにしない。(何だかんだと宮地楽器で三っつの講座をとっている。先々音楽を使って、オリジナルの傷ついた子供のためのプログラムを立ち上げたいと考えているので、着実な基礎作りをしたい。)

○二人目の子供を持つ長男夫婦のお手伝いをできるだけする。(長男夫婦にとっては本当は一番に掲げて欲しい項目だと思うけれど、子育ての主体はあくまで両親なので。。。せめてせっせと夕食作るので、一緒に食べにきてください。お互い助け合い、共に生き抜きましょう。)

個人的にはざっと上記のことだけれど、どうもこの先「庶民には苦しい生活」が待っているようだ。これは「屋根から雪がはみ出るくらい積もっている」という夢のお告げがあり、夢辞典で調べてみたらこう書いてあった。もう4年程前のことだけれど。

お正月用に玄関に活けたお花。千両は入ったが松をいれなかったので、クリスマスとミックスの感じになった。

お正月用に玄関に活けたお花。千両は入ったが松をいれなかったので、クリスマスとミックスの感じになった。

スピリチュアル・ペインという言葉がある。病気になった方が体だけではなく、精神的に参ると余計病気そのものも悪くなってしまうようだ。生活が少し苦しくなっても、余計な心配や不安で生きていることそのものが辛くなってしまう、という状態に似ていないだろうか?打開策としては、必要以上にネガティブな感情は持たない、でも現実をしっかりみつめて考える。そして縁ある方しかそれはできないが、大変な感情、状況を共有して励ましあいながら生きていく。

私は、守護霊がいつも側に居て見守ってくれていることを今以上に信じ、意識するよう努めたいが、私の近くに(精神的に)いる人達も私が常に側にいると感じてくれる存在でありたい。

 

 

 

本当に「守る」ということ

前回は「守ってあげたい」ということについて、かなり辛辣なことを書いたが本当に相手を「守る」というのはどういうことか、今回パリのコンサートホール襲撃で奥様を亡くしたジャーナリスト、アントワーヌ・レリスさんの「君たちに私の憎しみはあげない」という文から教えていただいた。

一文、一文が心を打つので、まだ読まれていない方はぜひ、検索して読んでほしい。 私がこれまで学んできたスピリチュアリズムの精神が色濃く反映され、また相手を「守る」という本当の意味について考えさせられた。現世的に見ると亡くなってしまったのだから、「守って」あげられなかったということになるかもしれない。でもその意味するところはテロリストの勝利だ。

日本の清らかな水と空気を捧げます。

日本の清らかな水と空気を捧げます。

この方は自分の内にある妻を大事にし、大きな視点で「妻はいつも私たちとともにあり、天国で再び巡り会う」と確信している。この視点がなければ「憎まない」ということはありえないと思う。

E氏から「本当のプライドとは、自分の中の大事な人を守り抜くこと」というのを聞いて、?とぴんとこず私の課題だったけれど、今回のこの文章でプライド、相手を守るということがはどういうことかはっきりわかりました。

犠牲になった方達、その家族、関係者に心から哀悼の意を表します。

合掌

苦しい生活を乗り切る方法

以前、雑誌で見た路上生活者の方の栄養の摂りかたに感心したことがあった。もっているお金は限られている。物は少しずつ沢山の種類を買うと割高になる。いわゆるまとめ買いがお得になる。そこで、一人が一種類だけをできるだけ沢山買う。何人かで材料を持ち寄ってお鍋料理をすると、栄養も偏らず、しかもお腹一杯食べられるのだそうだ。究極の生活の知恵だと思った。

花と光のコラボレーション

花と光のコラボレーション

私はこれから、庶民の生活はどんどん大変になると思う。生活を支えきれない、ということも起きてくるだろう。上記の発想はそんな時役にたつ。お互いに持ち寄って、豊かに暮らすという考えだ。住んでいる家が余裕があるけれど寂しい人は、家賃が高くて困っている人に安く間借りしてもらえばいい。子供が好きで沢山勉強してきた人は、子供にボランティアで勉強を教えればいい。経済的に考えればgive & give(与えるのみ)かもしれないけれど、人のために何かできる満足感を得られることを考えるとやはりgive & takeで、結局自分も人に支えられていることに気がつくだろう。

私の気功も持ちつ持たれつの精神でやっているし、これからもそういう気持ちで続けていきたい。

慣性の法則

学生の時、慣性の法則というのを習った。「物体が外力を加えられない限り、そのままの状態を続ける」というものだ。物理学は大変不得意だったので詳しいことはわからないが、転がっているボールは転がり続けようという力が働く。もし空気抵抗がなければ、多分転がり続けるのだろう。時々社会でもこれは「慣性の法則」が働いているのかな、と思うことがある。

特にマスコミで感じる。3.11以降、日本は根本的に変わらなければいけないのではなかったのか?何事もなかった様な日常は有難いけれど、汚染水はどうなっているのか、毎日報道があってもいいと思う。福島の今後も、もっとみんなで考えていかなくてはいけないのに。。。以前と大きく何か変わっただろうか?

ある日の街の表情

ある日の街の表情

昨日、横浜に美輪さんのコンサートに友達親子と行ってきた。美輪さんは、今の日本の状態を憂えて、はっきりとご自分の経験も交えて戦争反対を主張された。ぶれない態度に頼もしさと尊敬の念を持った。これからさらに勉強しようとしているスピリチュアリズムの先生もそうだけれど、苦しい体験を乗り越えてつかんだ信念は強い、と感じた。私も慣性の法則に流されず、生きていく中で強い信念を持てるようにしようと思った。

色々な場所

日本は今、株高で沸いているが、福島原発の汚染水はどうなっているのか?全く報道がないことが空恐ろしい。前から災害が起きた時の地下鉄の対策はどうなっているのか、問い合わせしているがなしのつぶて。東京都の地下鉄は果てしなく深くなっていくようだ。深くなってもいいが、災害対策がどうなっているのかさっぱりわからない。地震、津波、火災、想像しただけでぞっとする。

テレビ番組で、ジャマイカやチリでたくましく、かつ楽しく暮らしている日本人を撮っていた。便利からはかけ離れた生活。でも工夫して地についた生活をしている。今の日本人に足りないものを見た様な気がした。勿論私にも。まず、シンプルライフを心がけよう。それから自分が大切だと感じるものにもっと丁寧に時間を使おう。人からどう思われるかは気にせず、人の喜びを自分の幸せと感じることができる生き方をしよう。以上Golden Week’s resolutions.(新年ならぬ、ゴールデンウィークの誓い)

熱海梅林の中のせせらぎ

熱海梅林の中のせせらぎ

亀のように

家のこともあるし、一つのことにわーっと集中できる状況ではないので、亀のように進むしかないと思っている。谷保神社に行くと池に7,8匹の亀がいるがじーっと動かない。忙しいといいながら私も何も進展させないでこんな風にじーっとしている時もあるよね、と思いながら見ている。じーっとしているけれど亀たちは揃って首を日の当たる方に向けている。何かこれも私と似ている。

あっという間に新緑の季節

あっという間に新緑の季節

人並みに嫌なこともあるけれど何とかすり抜けてきたのは、性格的に暗い方をむいていられない、ということがある。明らかに不利益なことが降りかかっても、それをずーっとは覚えていられない。もしくはすぐにどうでも良くなる。(子供達が「お母さんはいい加減だ」というのも頷ける)この前もうちの金銭感覚の鈍い人が1万ドル以上アメリカで借りて今までほっておいたので、日本円で100万だったはずが120万に膨れ上がった。(涙)様子を見ようというのを振り切って有り金かき集めて返してしまった。こういうことでドキドキするのは好きではない。もっと楽しいことでドキドキしたい。

色々と家計の予定が狂ってしまったが、これからは他の国の通貨で借金をするのはとても危険なことと思いしった。A hard lesson (苦い経験)だったが日本円が紙きれになる可能性もいつか無きにしも非ずなので、返してしまってほっとしている。当分外出や買い物は控えて庭に生えている三つ葉やハーブなどを有効に使うつもりです。皆さんもお気を付けください。

 

これからの時代は

 

行き詰まった時

能天気な私だけど、勿論「行き詰まったな」と思った時は何度かあった。でも後から考えると、本当に行き詰まっている時は「行き詰まった」と思うゆとりさえない。無我夢中で毎日を生きた。そうしたからこそ乗り越えられたと思う。

公園の桜。五日前に撮影。もう散ってしまったかな。

公園の桜。五日前に撮影。もう散ってしまったかな。

八方塞がりと感じた時は今は「雌伏」(しふく・今のいままで「めふく」だと思っていた)の時と思って努力したり、全てを忘れて眠りこけたりした。大学受験に失敗した時、失恋した時、妊娠の際の検査で「成人T細胞白血病」かもしれない、と言われた時。子どもがいじめにあっている、と気づいた時。気功をどうやって世に伝えようと悶々とした頃。母が倒れた時。今振り返るともっと慌てるべき時に呑気だったり、「そんなに大きな問題ではない」のに世も終わりだと思ったり。

命を捨ててしまおう、と思い詰めている人に言ってあげたい。全ては「命あっての物種」「塞翁が馬」と思ってもう一日、そしてもう一日、生きていこうよ。明るい方を見ていれば、潮目が変わる日が来ると信じて。