タグ別アーカイブ: 気功

気功ヒーリング(3)

クラスの方の自己、或いは他者ヒーリングを紹介してきたが、勿論我がKIRAKUでもヒーリングを行っている。最近、神奈川相模原市から来ていらっしゃる方が、ヒーリングの後の様子をメールで知らせてきてくれたので、承諾を取ってヒーリングに関係ある部分だけを掲載させていただく。今回の開始は7月21日。

7/21〈今日はお世話になりました。だいぶからだが軽くなりました。〉7/22〈お陰様で今日は心身ともにハッピーです。有難うございます。〉7/28 9時21分〈昨日はお世話になりました。今回はお邪魔する前日にけっこう睡眠をとりました。 帰宅時には体がだいぶらくになりました。今朝は昔負傷した目から、やや目やにが...なんだか悪いものが出てきたかんじでした。貴方のパワーかなりアップされてますね!〉7/28 12時18分〈体調ですが・・・数ヶ月ぶりに良好で嬉しいです。〉

鉄っちゃんへ。何線でしょう?わっかるかな?

鉄っちゃんへ。何線でしょう?わっかるかな?

こうしたメールを頂くと、私もとても励みになる。これまでも「長年悩んでいたものが嘘のようになくなってしまった。」とか「やってもらってから、それ以来痛みがない。」とおっしゃって頂いたことはよくあるが、なかなか記録として残せないでいた。(ただの怠慢、という話もある)

時々、なんでこんな道に入ってしまったのかなぁ、他にも色々あっただろうにと思うのだけれど、一つは母方の親戚の多くが医者をしていることと関係あるのではないか、と思う。姉と三男も医療統計を研究しているし。。。何かに導かれたような気もする。とにかく喜んでくださる方がいる限り続けていくことになるだろう。今後ともよろしくお願いします。

気功ヒーリング(2)

国立二期の方でHさんは、お母様と一緒に暮らしていらっしゃる。クラスと平行して家にヒーリングに来て下さった。始めは夫々ヒーリングしていた。少し早いかなと思いつつ、せっかくなので、Hさんにお母様のどこらへんをすればいいかアドヴァイスしながらヒーリングを二回ほどした。

ここからが彼女の見上げたところなのだが、自分のことはさておき、毎日お母様にヒーリングしてさしあげた。そしてお母様といらして三回目の時、座っている姿が始めよりうんと背中が伸びて真っ直ぐの様な気がした。随分姿勢がよくなられたな、と思った。そして帰る時、前は持っていた杖をもたないですたすた歩かれた!ここでようやく「お母様、大分よくなられましたね。」と言うと「そうなんです。毎日しました。」というお返事がかえってきた。

夫婦杉のご神木。やさしくも強い気を放っている。

夫婦杉のご神木。やさしくも強い気を放っている。

Hさんのお母様への愛情が基本にあることは間違いない。またお二人とも精神世界にかなり詳しく、気功に対してありがちな偏見、疑いを全く持っていなかったことも大きな要因と思う。(前回紹介したFさんも同じく精神世界に造詣が深い)技術的にはFさんもHさんも共通して言えることは「毎日行った」ということで、特に慢性の方はできたら毎日行った方がいい、と私も勉強になった。勿論これまでも慢性の方もきちんと改善されているが、時間がかかったことは否めない。やはりできることならKIRAKU気功教室にきて、自己ヒーリング、他者ヒーリングを身につけて、自分でも常日頃行った方が早い、という宣伝も兼ねての報告でした。

気功ヒーリング(1)

クラスは外でしているが、ヒーリングは家でしている。いつかはきちんとヒーリングする場所を外に持ちたいと宝くじが当たる日を心待ちにしているのだが、なかなか当たらない。主にクラスに来て下さっている方を対象にヒーリングしているのだが、最近はっきりと効果があった例を書いておこうと思う。

ちょっとオシャレな街の景色

ちょっとオシャレな街の景色

Fさんは(「本当のことなので実名でもいいですよ。」と言って下さったが個人情報保護のため)手の親指に腫瘍ができた。悪性か良性かの検査も細胞診が必要で、かなり大変と落ち込んでいらした。手をかざすと邪気が感じられたので、とにかくこの邪気を取る努力を、ということでその場でヒーリングした上で、うちでもしょっちゅう自己ヒーリングするようにとやり方を指導した。まじめなFさんはうちでしっかり自己ヒーリングして、次にいらした時に「腫瘍が大分小さくなり、比例して痛みも少なくなりました。」とおっしゃるので、「今油断してはいけません。引き続き頑張ってください。」とアドヴァイスした。その次のヒーリングは火曜日だった。その時「先週の木曜日消滅しました。痛みも全くありません。」と喜んで報告して下さった。

とても嬉しかった。私自身は気の力の不思議さ、効果に驚きこれを何とか皆さんにお伝えしたいと思い活動してきた。が組織もなくバックもなく(天の助けとか助けてくれる人の存在は感じていて感謝しているのだけれど)いつも「いつまで続けられるのかな」という思いはある。(最近わかってきたのだけれど、自営の人はいつもこの心境だろうと思う)でもたまにこういうことがあると、「やっててよかったな、ルンルン」と嬉しくなる単純な私であった。

見事に自己ヒーリングしたFさん、どんどん自信をつけて今度は他者ヒーリングに挑んでいただきたい。明日はもうお一方、同居のご家族のヒーリングに頑張っている人のお話。

太陽エネルギーの取り入れ

11月になると忙しくなるので、太陽エネルギーの取り入れを八王子小宮公園で行った。小宮公園は思っていたよりずっと広く、山全体が公園になっていて本当に久しぶりに木々の匂いを吸うことができた。小鳥が絶えず鳴き、赤い実が木にたわわになっていたり、色々な花や管理事務所ではどんぐりを何種類も見ることができた。一応「都」と名前がつくところで、こんな自然に触れられることが驚きだった。駅からもそう遠くない。

里山はまだ残っていた。バンザイ!

里山はまだ残っていた。バンザイ!

ドングリの説明を聞いた時、「どれが食べられますか?」と伺うと小さなドングリばかり指して「これ等はあまり灰汁抜きしなくて大丈夫です。」と言うので「こちらの大きいのは駄目ですか?」と聞くと「それはかなり頑張らないと食べにくいです」という答えだったので、「そうですか」と残念がった。すると、「ドングリをそういう基準で見る方も少ないので」と困惑顔された。すかさずクラスの方が「いえ、非常時には大事なことですので。」と助けて下さった。有難う。

気功の真面目な話

この前気功はあせらないで、と書いたけれど生徒として来て下さっている方にあせらせているのは自分かもしれない、と反省した。何事も本当に基礎がしっかりできていることが必要。邪気のありかがどこにあるか分かる前に、きちんと複式呼吸で気を出していることが大事で、それには毎日気功式やDog Breathをすること。私は台所に立った時は必ず腹式呼吸をするように心掛けた。

それでも自分の気すら感じない日が続いた。天河神社で気の柱に触れたのをきっかけに、まず自分の気の存在がわかるようになった。更に気を出す訓練を続けていたらそのうち、人の邪気のありかが分かるようになってきた。それから色々な問題を抱えた人達のヒーリングを15年程こなし、ここ5年くらいでやっと自分の気功といえるものを確立した。

秋恒例の白団扇

秋恒例の白団扇

20年と言うと長いが、その間、自分の力量に応じてヒーリングしてきたわけで、こつこつと気の力を伸ばしてきた。がっかりするかもしれないけれど気の世界では免許もゴールもない。でも他人と比べる必要もなく努力しただけのことは返ってくる世界であり、自分と周りの人に役に立つ技術なので「千里の道も一歩から」という思いで修得してほしい。

私は歩もうとしている方には、もう必要ない、と言われるまで伴走しますので、その点は安心して頂きたい。

KIRAKUの気功

KIRAKUの気功を通して感じてほしいことがある。それはまず、自然の恵み。人は文明の利器の前に太陽、空気、大地、自然がないと生きることはできない。それを体で感じて感謝するのがKIRAKUの気功といっても過言ではない。

次に人と共に生きているという自覚。当たり前ではないか、と思うだろうけれど私も含めて「私以外の人が幸せでないと、本当の自分の幸せはありえない」という感覚を真に持つのはとても難しい。ともすると「自分さえよければ」になってしまう。気功だけならともかく、更に上のレベルのヒーリングを目指そうとすると、この自覚は必要条件になる。

暑い時にはコスモスの花

暑い時にはコスモスの花

勿論、自分がしっかりして自立してないと、人様の世話どころではない。そのためにまず修得して欲しいのがKIAKUの気功法。人に個性があるように気も人それぞれで、それがどの様に力をつけてくるかは、それこそ神のみぞ知る。だから人と気の出方を比べる必要は全くない。私もまだまだ目指すものはあるので、皆さんと共に楽しみながら努力していきたい。

時々遠隔ヒーリング

暑い日にはイルカのジャンプ!

暑い日にはイルカのジャンプ!

時々遠隔ヒーリングをしている。これは実は長男ともう一人の方との連携プレーでできるようになった。コンタクト・ヒーリング(直接対面してするヒーリング)より邪気の在りかが正確にわかったり、効き目が早かったり、何よりも遠方にいる人の(つい先日はアメリカにいる親戚にした)ヒーリングを行うことができる。説明してもほとんどの方は???という顔。実際に効果を実頂いた方は納得していただける。

本当のところ、遠隔については理論的に説明できない。”見えない良き力”が働いているだろう、ということだけは言える。気功とはまた別の世界と見るか、気功の先にある世界とみるかは専門の人も分かれるところだ。昨年から実績を積み上げてきたので、大分遠隔に対しても自信が持てるようになった。まずは気功からしっかり教えていきたい。、

 

気功に思うこと

長年思っていた気功をやっと始めたけれど、皆さんにとって効率のいい教え方って何かな、と常に考えている。私自身、pianoや英語とか習っているけれど、2週間に一度が丁度よかったり、毎週がいいものもある。今来て下さっている方達は私と同年代の方が多いので、月二回位でいいかなと思っている。一年に一度は3日間合宿を本当はしたい。

韓国(風)の庭の井戸

韓国(風)の庭の井戸

気功は頭でというより心と体で覚えていくものなので、現場でしっかり覚えて欲しいのだけれど、やっぱりうちで復習しようと思ったら何かないとわからないだろうから、簡単な本でも書きたい。(近い将来)とりあえずは「今回やって欲しいこと」を紙に書いて配布することにした。金銭的に見たら、今年はどう動いても、よくてプラマイ0だけれど、「活動」できることは人と関わることができて充実感がある。そう、気功は人のためにも自分のためにも大変fruitfulな(実り多い)ものなのです、という又してもPRになりました。

気功に関するお金の話

ヒーリングもクラスの費用も「随分安いですね」とよく言われます。安く設定したから安いのですが、それは自信のなさからそのようにしたのではありません。一つはカネ、カネ、カネの時代にchallenge(挑戦)しようと思ったから、もう一つはこれで「手に職」[気功は手で行うものなので文字通り手に職です(#^.^#)]がある人を増やしたいと思ったからです。いずれは生活困難者の方にも教えていきたいし、気功ヒーリングを試してみたい、病を抱えている方にも低料金で施行していきたいです。

もう咲いた、チューリップ

もう咲いた、チューリップ

中にはこれを職業にしたい、と思う人も出てくるかもしれません。人のための職業、というポイントを押さえていれば自分で価格を設定してもいいでしょう。ただその動機だけは決して間違えてほしくないので、できたら副業、もしくは経済的に余裕がある時にした方が、いいヒーリングができると思います。私は20年で積み上げた自分の技術を皆様に公開してます。技術のノウハウを受け取った方達も、何か発見したら自分だけのものにしないで公開し競争ではなくて切磋琢磨していければ、と願います。

花粉症

気功は勿論万能ではない。まずウイルスとか風の菌を殺すことはできない。ただ症状が軽くなり、良く眠ることができるようになった例はある。あと子供のアトピーは改善できたが、漆によるかぶれには効果がなかった。また私自身も長年悩んできた花粉症も気功で一時良くなったけれど、黄砂が混じるようになったら又後戻りしたような感がある。気功で軽減できるが何しろ相手は大気の中に潜み、四六時中攻撃なので漢方薬や抗ヒスタミン剤の入った薬を飲んだ方が早い。まだしたことはないが、あまりひどくなったら自分で自分を遠隔で気功するしかないと思っている。(笑)

娘の様に可愛がっているチェコちゃんとタペさん

娘の様に可愛がっているチェコちゃんとタペさん

気功教室の皆さんには、まず気功の基本をきちんと習得して頂きたい。その上で自分の得意分野を作って欲しい。上記には「気功の不得意な分野」を書いたがそれはmy気功であって「皆さんの気功」ではない。人格が各々違うように気の質も違うと思う。何故私が気功師になったかと言うと、人のために自分を活かせる場所があると確信できたから。西洋医学から落ちこぼれたような方も沢山みてきた。言ってしまえば私の「不得分野」は皆さんのチャンスでもある。でも基本はしっかりとマスターしてください。20年積み上げてきたものを伝授しますので、しっかり受け取ってくださいね。基本をしっかりすることがどんな分野でも一番の早道です。