タグ別アーカイブ: 気功教室

最近起きた不思議な話・三つの一つ目の巻

私が学んだ霊格を上げる方法(2)を今日は書こうと思っていたのだけれど、忘れる前に書いておいた方がいいことが起こってしまったので、こちらを優先します。

一つ目は日曜日の気功クラスの話。いつものスタジオが使えず、商工会議所の大きめの部屋で行なった。午前中のクラスで日の加減もよかったのか、部屋の奥に置いてあった白いボードに自分の影が映っているのをみつけた。その時皆さんは各自、気を出す動作をしてて、私も呼吸法をしながら偶然影を見つけたのだった。ガラスを通しているので、くっきりというわけではないが、黒い上半身がボードに映っている。ふと、気が出ている手はどんな風に映るんだろう?と思った。手を動かして確かめると影は動くのだが、何か変だ。すごく薄い。

案山子を撮りたかったのだけれど。。。技術が拙い。

案山子を撮りたかったのだけれど。。。技術が拙い。

えっ?と思ってなおも手を動かしていると、他の方も気がついて「先生、何やっているんですか?」と集まってきた。「見て。気が出ている手の陰がすごく薄い。」というと「あっ、本当だ。」と言って皆さん自分の手の影を映し出した。中には手だけほとんど見えない人もいた。「これは透明人間だ。どうしてこうなるんですか?」と聞く人がいたので、「自動車で霧の中を行くと、視界が悪くて怖いでしょう?それと同じで、手を気が覆って(光が乱反射してしまうから)影が映らないんじゃないかな?」と答えたが、本当のところはよくわからない。しかもその時は()の部分を省略してしまったので、多分皆さん、あまり納得しないまま授業に入ってしまった。(別に科学の授業ではないので、いいとした)

今まで商工会議所で行なった時もあったが、部屋に日が差し込む窓がなかったので始めての経験だった。雨が続いて久しぶりに晴れた日でもあった。条件を上の方が設定して下さったのかしら。私は20年近く気功師をしているが、本当に良く新しい不思議なことに出会う。その度に、これだから気功師は面白くて辞められないね、と思う。そして私の守護霊か指導霊か、ひょっとしたらスピリチュアル・ドクターが、なかなか認知されない気功を一生懸命関わっている私や、忍耐強くクラスに通ってくださる皆さんに対する応援かなと思ったりする。間違っても低級霊のイタズラではないと私は信じる。

 

たまには気功の話

承諾を頂いたので、Tさんの話を書いておこうと思う。ある日、女性からお電話がかかり気功体験の申し込みをされた。クラスに来て頂くと、「変形性関節炎」で手の指が左右何本か1.5倍くらいに腫れ上がっていた。二年近く痛みで苦しまれていたようだ。西洋医学も試したことを確かめてから、ヒーリングにかかった。

京都北山会館のお花

京都北山会館のお花

まず、邪気の有無を確かめる。(気功にとって邪気は希望と、いつも言っている。痛いところ、悪いところから、邪気が出ていなければ御気棒で出すことになるが、それでも出てこなければヒーリングが難しくなるから) 幸いなことにうっすら全体的に出ている。元をたどっていくと、肩甲骨の上まできた。そこを源として、ヒーリングを開始すると同時に何よりも痛みを取るのが先決なので、指を細かく御気棒を当てていく。

普段であれば頼りになるクラス生に実習のためお任せするけれど、この方はまず私がした方がいいと判断してどんどん進めた。その方は始めての気功ヒーリングだったので、「陽転反応」がかなり出ると思い、クラスをしながら陽転反応の説明もした。

次のクラスにいらした時、(正直、来て下さってほっとした)「気功ってすごい。気って何ですか?痛みがすごく取れて、指も曲がるようになりました。」と言って下さった。やはり大変な陽転反応が出て、余計指が痛くなったり、全身に発疹が出たりしたそうだ。良く陽転反応に耐えてくださった、と思わず感謝した。と言うのも、過去に二人程、陽転反応に驚いて途中でやめてしまった方もいたので。。。

「本当、指を切り落としたいと思った程痛かったのに、気功ってすごいですね。」ともおっしゃって下さったので、もう大丈夫と二回目からは交代でベテランの方にお任せした。さすが、我がクラスの生徒、きちんとヒーリングして下さりその後順調な経過をたどっている(生徒とクラスの内容と技術の自慢)

鳥居の上に天狗の顔が現れていると言われている所

鳥居の上に天狗の顔が現れていると言われている所

多分ご本人は気がついてらっしゃらないけれど、始めの暗いオーラが(私は見えないけれど、皮膚感覚でわかることはよくある)明るく活発なものになっている。初めの暗い声は痛みのせいだったのかと今は理解できる。本来は明るくて、自分で道を切り開いていくことができる元気な方とお見受けした。気功ではウィルスや細菌は殺せないし、手術のようなこともできないけれど、「得意分野」の中に「痛み」も入っている。これから医療格差が広がるといわれている中、世の皆さんに気功が如何に役にたつかを広く知っていただきたいと思う。(と、今日は真面目に締めくくります)

 

 

まとめてブログ(1.札幌三日間集中セミナー)

今月19、20、21と札幌で気功集中三日間セミナーを(無謀にも)計画し、おこなってきたのでその報告をします。場所はモエレ沼公園のガラスのピラミッドの1Fスタジオ。場所を申し込んでから(そういえば、来てくれそうな方は誰も知らない)ことに気づき、慌ててこの仕事を始めてから最初の広告を出したのでした。

途中、誰も来ないかもと悩んだのですが経営者の従姉妹が「宣伝になるだけでもいい」と励まされ、中森じゅあん先生からも激励され開催の運びとなりました。

結果発表。クラスには四人の方が来てくださいました。ナ、ナント江原さんに体格、横顔そっくりの男性(自称二十歳)、近くに住む元気のいいお母様と感性鋭い娘さん、三人の小さいお嬢さんがいても頑張って来てくれた若いママ。そして午前中のクラスは中止してフリーの気功体験にしたのですが一日目は若くたくましい青年二人、シンガポール人の女性、午後から息子さんの結婚式に出席予定のご家族三人、二日目は最年少、中学二年生の素直な少年三人、初々しいお嬢さん三人と6人ずつ12人の方、計16人の方々にKIRAKU気功を体験していただきました。

皆さんと一緒に美しく咲きたい。

皆さんと一緒に美しく咲きたい。

他にも偶然バスの隣に座られたナイスなおじ様、昼食時に同席した韓国人二人連れの方、帰りの飛行機でお隣だった上品な奥様(見習わなければと思った)、若い地上乗務員の方には腰と肩の指摘、と「気功紹介いたします」オーラが出ていたのか短い間に多くの方に実演することができ、お陰様で手応え十分な出張でした。

札幌に行く前にひいた中森じゅあん先生の『ANGEL CARD』には「呼応」江原啓之先生の『おとたまオーラカード』には「出会い」が出て、それぞれ「波長を高く保って、いい出会いを」というアドヴァイスだったので、今までもそうだったけれど、なんとどんぴしゃなことが出るんだろうと感激しました。

本当に、上の方も応援してくださったことが良く分かり、広告にご協力くださった皆様や、なんと言っても許可して便宜をはかって下さったモエレ沼公園の事務の方、平日でもカフェを開けてくださった職員の方、こちらで成功を祈ってくださった方々にも感謝の気持ちで一杯です。

有難うございました!

 

 

気功教室(国立)

気功教室はお陰様で、順調に推移している。昭島教室から始めてもう丸四年がたとうとしている。早いな~。国立教室も四年目に入り安定してきたので、ここを基点に他に行くことも考えることができた。

クラスの皆さんと行きたい所

クラスの皆さんと行きたい所

「冬、かまくら。外は寒いが内はぬくい。」年の初めにスピリチュアリストの江原さんから私達に伝えられた言葉だが、今まさにこの言葉を実感している。地震、噴火、安保法制、沖縄の基地問題。この前の講演では、これから高齢者に関する問題(自殺と介護離職)が大きくなると心配されていたが、5日の新聞で「高齢者の地方移住を」とあり、もう来たか、と驚いた。

私も生きて後2,30年。「いえ、後40年でしょう」と友達は言ってくれたが、どちらかと言うと太く短く(もう短くとは言えない年ですが)生きて、世間はどうあれ内=自分の心、友達、仲間、広い意味での家族、の中ではいつも穏やかで温かくいたい。内の一つである国立の気功クラスは良い仲間に恵まれて、私にとっては「ぬくい」存在で有難く思っている。

勿論、世間のことに無関心でいいわけではないし、一つ一つのことが全て自分に関わってくる。小額でもできるだけ寄付も心がけている。ただどんな時でも「心の平和」は失わないことが今自分にできる最大の社会貢献と信じている。明るい波長、ポジティブな念力、これを国立クラスからも発信していきたい。

これからのKIRAKUは

なんだかんだしているうちに、国立kiraku気功教室も三年目に入ろうとしている。(昭島教室を入れると三年半過ぎた)閉じることになっても仕方ないと思っていたけれど、本当に熱心に来てくださる皆様のお陰でここまでこれました。感謝です。青色申告もつつがなく終わりました。(長男夫婦の協力あり)三年間は赤字分は繰り越して計上できるということで、赤字がでそうなこと、地方に広げたり、本を書いたりはこの三年間で始めていきたい。

クラスは私なりに一生懸命運営してきた。皆さんの健康状態、気力、そして気功の技術向上に満足している。これからは履修生の技術を生かせるところを提供していければ、と思っている。

もう一度お雛様。良く見ると夫婦がそっぽ向いてるような。。。

もう一度お雛様。良く見ると夫婦がそっぽ向いてるような。。。

私自身もクラスで勉強できることもあり、利益追求よりも皆で学ぶ場であることを第一としている。しかし「次」を考えると御気棒購入費にあてたり、地方でのセミナーに費用がかかったりするのである程度費用は頂いている。今まで国立のクラスと自宅ヒーリング合わせてプラスマイナスほとんどゼロだったので、これから活動を広げると赤字になるだろう。支えは「人間なら気功という素晴らしい治癒力を誰でも持っている」という信念とそれを多くの人に知ってもらうのが私の役目というinspiration(直感)だ。

夏に札幌からセミナーしようと計画していて、そろそろ企画書を出そうと思う。(と言ったら子供に「毎年それ言ってる。はよせんかい」と言われた。)全て始めてのことで「人事を尽くして天命を待つ」という気持ちで事を進めよう。(企画が通らない恐れもある)札幌では第一期として三日間連続でする予定。固定ページのイヴェント欄に来週中には載せるので興味ある方は見てください。

 

気功教室の方針

桜。目で見た本物の方がずっと感動的。

桜。目で見た本物の方がずっと感動的。

気功教室についての報告を久しぶりにします。昨年を一区切りとして、続けてトレーニングする方は昭島、国立合わせて8名。着実に気功ヒーリングができるようになってきました。国立で新たに履修する方は7名いますが、午前希望、午後希望と別れて、又2名は5月以降を希望しているので4月からの国立新クラスは午後から4名からのスタートになりそうです。(一人履修者が入ってくれます。)会社にセミナーとして入りたいという希望もあり、また基礎を履修して頂いた方に実践して頂く場を提供することに力を入れたいので、今回をもってしばらくは新しいクラスの立ち上げはしないことにします。

今年は履修した方の気功力アップのため、外で聖なる気に触れるパワースポット・ウォーキングを年二回春と秋に行う予定です。気功教室を始めたばかりでこれからの雛形を作る年なので、ゆっくりと、でも確実に進むつもりです。

とは言うものの、もう一年のquarter(1/4)は過ぎてしまいました。父母から孫まで4世代との関わり、色々な趣味やスピリチュアリズムの勉強、そしてライフワークとしての気功。この一年の家事目標である家に無用にある物の片づけ。これらを全てやろうとしてひっちゃかめっちゃかにならない様、優先順位をつけて毎日頑張り、一年の最後には「よくやった。気功師も順調に育ってきた」と有森さんのように自分を誉められるようにしたいです。

気功クラスの反省

国立で今年最後の気功クラスを行なった。国立は八王子や浦和から来て下さっている方達もいらして、4月から月2回、夏休みも入れないで良く通って下さったし、続いたと思う。去年から始めた気功教室、色々反省点がある。至極当たり前のことだが、みんながみんな気功師になりたいわけではない、ということもやっとわかった。これは全体の期間設定に関係してくる。またお互いの人間関係にも目配りが必要。

どこから見ても聖なる富士山

どこから見ても聖なる富士山

言い訳になるが、病気になり施設にも入っている親や独居の親がいる中で、一人で気功の何もかもやるのは本当に限度があった。(でも、あれもこれもやっぱりやりたい)教室だけは主催している責任があるので何とか迷惑かけないでやってきた。(つもり)

気功クラスを開いてみて、一番わかったことは、何でも「やってみなければわからない」ということ。自営業者の苦しい立場や気持ちも少しは実感できた。「逃げた」ところは必ず結果に現れた。個人向けの気功クラスがいつまで続けられるかわからないが、どういう形にしろ気功を通して社会との接点を持っていきたい。またある程度習得して下さった方達にも、(希望なさるなら)活躍できる場を作ってさしあげたい。それには、まだまだ社会にアピールする私自信の力が足りないので、それがこれからの課題になるだろう。

昭島Ⅱ気功教室

昭島気功教室の体験クラスを今日、三人に受けて頂き、その後入会を決めて下さったので、昭島教室Ⅱがスタートします。始めに見学に来てくださったSさんがお友達を誘って下さり、またその方が一人誘って下さって三人になったのでスタートすることになりました。定員は四人なので、後一人募集しています。

綺麗に咲いた蓮の花

綺麗に咲いた蓮の花

これからは実力をつけてきた教室の方達のために、実践を多くつんで頂くことを考えなければいけません。ヒーリングを必要としている方を連れて来るということが、気功師を育てる、これからの私の課題となります。場所代は昭島は安く提供してくださっているし、国立もreasonable。宣伝費もあまりかけないでここまでくることができたのは感謝です。

お金が入ると、次の用意のために使っています。今日KIRAKU気功の趣旨を説明したら、「徳をつめますね。」とおっしゃって下さったので「徳は積めますが、お金は積めません。」と言って笑いました。でもやりがいは十分。皆さん、この世の灯火(ともしび)になって下さい。楽しみです。

 

気功教室について

今、国立と昭島で気功教室を開いているが、KIRAKU気功教室は内容が進んで行くので、いつでも入いって頂くというわけにはいかない。国立教室の方は5月に連絡して下さった方がお二人いて、二回別にレッスンをして教室に合流していただくことにした。6月から申し込まれた方は、少なくとも6人程度になるまでクラスの開催を待って頂くことになる。

切られた花もその場所で精一杯花開く

切られた花もその場所で精一杯花開く

昭島教室の方は1期がもう少しで一段落するが、二期も6月から始まるかもしれない。昭島1期は少人数なので丁寧に出来た反面、実践となると色々な方にあたってない分弱いところがある。これからどうやって実際のヒーリングをして頂くかが課題となる。気功に関して私がやるべきことは山とあり、ひっくり返って音楽聞きながら、漫画を読んでいる暇などないのである。

二つの教室

暑かったので、海の写真

暑かったので、海の写真

この前の土曜日と今日、各々昭島と国立において気功教室を行なった。昭島教室の方達に実技に入る前に今までの復習をかねて、気功における大事な点について質問した。思いのほか(失礼)、しっかり答えが返ってきて安心した。「気が出ない」「邪気のありかがわからない」と始めはさんざんおっしゃっていたが、いまではかなり正確にわかるようになってきた。あとは実技を重ねながら、ヒーリングのこつのようなものを学んで欲しい。また、嬉しいことに若いお母様も参加して下さるようで、早急に昭島での新しいクラスを作る予定。今日募集のチラシを作って頂いた。

国立教室の皆さんは、お暑いところよく全員来て下さった。いつも思うのだけれど、顔の表情と全体の雰囲気が教室を始める前と後では大違い。何となく重たくドヨ~ンとした感じが(またもや失礼)さっぱり、軽やかに帰っていかれる。教室ではルーティンワークが多く退屈になりがちなのでspiceとして目新しいことを入れている。今日国立教室では、木の気(御神木では霊気とも言う)を感じて欲しくて、早目に会場に行った。昭島の時はなかなか良い気が出ている木がみつからなかった。今日は教室のすぐ側にある木の所に吸寄せられるように行ったら、「あっ」と思うくらい気が出ていて皆様にも感じていただけたようだ。まだまだ奥は深いです。どうぞあせらず無理せず、でも努力も忍耐もしてついてきて頂きたいです。宿題のletterも発送しますので頑張って下さい。次回は28日。こちらもお仲間が一人増えるかもしれません。よろしくお願いします。