タグ別アーカイブ: 着物

着物でお出かけ

水曜日、つまり二日前、着物着付けでご縁があった方達と四人で集まり、楽しい一時を過ごした。その内の一人がお茶の先生をしていらして、その方の和風の素敵な家で着付けの復習をさせて頂いている。私は麻が入っている一重の黄金色の着物に、童女と草書で書かれた和歌がポイント柄の黒い一重帯を合わせて出かけた。

横浜の日本丸・着物にはなんの関係もありません

横浜の日本丸・着物とはなんの関係もありません

私にとっては三人ともお姉様だけれど、何の異和感もなくお付き合いさせて頂いている。お孫さんの話から社会問題、勿論着物の話まで話題に事欠かない。(女四人集まれば当たり前か)お付き合いは、たった数箇月の週一回の着物教室から始まった。その時にはこんな長いお付き合いになるなんて想像しなかった。縁って面白いな、と思う。

K&K 教室

いつか、といっても早くしないと更に年をとってしまうが、K&K 教室を夢みている。一つのKは勿論、気功のKで、これはもう始めている。今ある教室を持続して、じわじわと広げていくことが出来ればいい。私としては、気功はこれまで生きてきた世の中に対する恩返し的仕事、と捉えている。いつも気合を入れてやっている。

箱根ケーブルカー(久し振りの出会い)

箱根ケーブルカー(久し振りの出会い)

もう一つのKは着物のK。ひと昔前は着物をきている女の人はそう珍しくなかった。今は着物姿の人を見かけたら「おっ」という感じで見てしまう。私自身も着物を着るが母のように毎日着るわけではなく、せいぜい一ヶ月に2.3回。夏に着る絽とか紗については、たった一度も着ていない。今や巷では着ない着物があふれていて(処分されて大分減っているとは思うけれど)日本の文化にとっても大変もったいないと思う。だから着物を着るかせめてリフォームして、着物を生かしてあげたいと思う。Yさんと話したら、洋裁の技術があるという。ひょっとして何か楽しみながらできるかなと思っている。こちらは教室というよりも「着物を生かそう同好会」みたいなもの。でも同好会で完結ではなく、輪を広げて行きたいな。