タグ別アーカイブ: 医療

医療に対する関心(2)-虐待についてー

社会問題の中で、私が何に一番心を痛めているかと言うと、「虐待」です。日本が一番様変わりしたと思うのも、親の子供に対する無償の愛がどこかに行ってしまったことです。

みんなとは勿論言いませんが、子供を自分のできなかったことの投影物にしたり、子供にかけたお金を子供から回収できるように思い込んだり、果ては孫ができないと嘆いたり、自分の将来のヘルパーになることを期待したり。。。要するに全て自分可愛い視点で、子供を見る、そしてそれがもっと高じると、ストレス解消の対象、もしくは新しいダンナにいい顔したくて虐待に到る。子供は神から預かりものであり、子育てはボランティアとスピリチュアリズムで教わったけれど、そういうことを知らなくても、愛情一杯で日本の母は子育てをしていたはずです。

不苦労とお花。背景はもっとすっきりさせなければ。

5月26日の朝日新聞beで、紹介されている友田明美さんという小児神経科の先生の記事から、虐待に関する重要な記事をみつけました。抜粋します。「厳しい体罰を受けた人は学びや記憶に関わる『前頭前野』が萎縮し、感情や思考をコントロールし、行動抑制力にかかわる部分もちいさく」なり、「暴言を受けた人はコミュニケーションのカギを握る『聴覚野』が変形」する。「言葉の暴力は身体的な暴力より脳へのダメージがはるかに大きい」「家庭内暴力を目撃した人と性的虐待を受けた人もそれぞれ「視覚野」が縮小していました」「(人間の脳は)大切な時期に、強いストレスがかかると、苦しみを回避しようとするかのように脳が変形し」「その脳の傷によって後に暴力的になったり、感情を抑制できなかったり、人間関係がうまくとれなかったりする」「薬物依存症やうつなどにもなりやすくなります。」

虐待で目をひくのは死に到ってしまったケースですが、この記事を読むとそこまで行かなくても、子供に対する声かけがいかに大事かわかります。母の姉に対する悪意のない一言が、いかに姉のトラウマになってしまったか、これで良くわかりました。要するに、子供は親の持てる愛情全て、というくらい注ぎ込み、それを態度、言葉できちんと表現することが大切なのだと思います。態度、言葉は心が出てしまうので、底に本物の愛情があること、これが必要条件だと感じます。

怖いのは、虐待の連鎖です。愛情を受けて育たなかった子は、自分の子供の愛し方がわからないといいます。救いなのは、血がつながっていなくても、本物の愛情を注いでくれる人がいれば人はきちんと育つということです。良い養子縁組なら、その方が子供も明らかに幸せでしょう。側に子供を見守る祖父母、親戚、近所の方がいるだけでも子供にとったらセイフティー・ネットになります。また医学的には「(傷ついた脳も)安定した環境や愛情の再形成(で回復します。)」ということでした。

とはいう私も、子育てに関しては間違ったことをしたことが多々ありました。友田先生から見たら「それも虐待です。」と言われるような、言動もあったと思います。友田先生ご自身も「自分の子育ても失敗の連続だった」と話されるそうです。

気功の仕事がもう少し軌道に乗ってきたら、子供の虐待の問題にも、経験と反省を踏まえて具体的に力を入れていくつもりです。

医療についての関心(1)ーがん免疫治療ー

クラスに参加くださっていたSさんが亡くなられてから、もう一年過ぎた。癌の再発が原因だった。私としてもどうしようもなかったけれど、もっと癌について知りたい気持ちと、日進月進の研究にも目配りしておかなければ、という気持ちがあり、新聞でみつけた最先端の癌治療についての講演が立川にあったので行ってきた。(何と無料)

初心者にもとてもわかりやすい講義で、驚いたことも沢山あったので自分の整理のためにも書いておきます。がんの原因は正常細胞に遺伝子変異が積み重なるためで、その特徴は○形が正常細胞とは違う○がん特有の物質を作る、などがある。

がん細胞の頭の(?)良さに、は~と思った。それは、○本来、自分を攻撃するはずの免疫を騙して自分を守らせる壁を作る。○免疫からの攻撃を避けるためにCTL(注1)を騙して友達のようなふりをする。(免疫逃避機構)○血管を引き込み、栄養は自分で確保する(血管誘導能)○がん幹細胞として骨の中にひそみ、休眠後は活動を再開し、再発・転移する。その際、新たな傷がつき、悪性度が高まる。◎がんはCTLの攻撃を受けた場合、攻撃目標(注2)を意図的に隠すことがあり(エスケープ)、そうなると、CTLは相手を見失う。とこれだけ生き延びる戦術を持っていることだ。

新しい免疫療法は◎に注目し、オプジーボなどの抗体では、がんのエスケープに対抗しきれないと考え、攻撃目標が多数になるようにデザインすることを目指した。がん細胞は人により異なるので患者自身の樹状細胞と自身のがん細胞を融合させたワクチンを作り(fusion)このワクチンを体内にいれる事により、CTLに沢山の種類のがん細胞の情報を提供させた。(樹状細胞のCLT細胞への教育)。融合細胞によって教育されたCLTは、目印を頼りにがんを見つけ、がん細胞に結合して攻撃する。攻撃されたがん細胞は、細胞の自殺(アポトーシス)をお越し死に至る。

がん細胞の目印は多数あるため、患者本人のがん細胞を情報源とするのが最適で、ワクチンの副作用は微熱程度しかないのが長所だが、いわゆるテーラーメードワクチン(自分だけ用)ということもあり、まともにやると五千万円かかるということだった。

玄関のお花。投げ入れはあまり得意ではありません。お花は大好きです。

大変ためになり講師の先生に「この療法はがんが遺伝子変異のためにできると考えていますが、例えば、ピロリ菌が原因の場合でも効く療法ですか?」と聞いてみたら、「一緒です。」というお返事だぅた。よく考えてみたら、原因が何であれがんという細胞には変わりないのだから、一緒なのは当然だろう。

感想:とても期待したい療法だけど、高値の花。(本当は高根の花)がんになった時、治験とか募集していたら、応募してみたい。生かしておくには年を取り過ぎている、と思われたら悲しいけれど。しかしがん細胞は頭がいい。でも、もう少し頭が良くなって、宿主を殺してしまったら結局自分も滅ぶ、と気がついてくれたらいいのに。AIをがん細胞にfusionするというのはどうかしら?SF的発想ですね。後20年もしたら、がんは克服できるでしょう、という先生のお言葉が頼もしかった。

(注1)CLT=cytotoxic T lymphocyte (細胞傷害性T細胞) リンパ球T細胞のうちの一種で、以前はキラーT細胞とも呼ばれた。免疫細胞療法の中では、がん細胞を傷害する代表格で、本来、がん治療に用いる場合、実際にがん細胞を攻撃することを確認したものをCLTと呼ぶ。

(注2)攻撃目標=がんの目印になるもの。たんぱく質が分解されたものでペプチドと呼ばれ、アミノ酸が10個ほどつながっている。細胞融合(fusion)でがんの目印全てを樹状細胞に渡す。

☆5月24日立川グランド・ホテルにおいて細胞治療技術研究所による講演に基づいて書きましたが、もし、私の思い違いなどありましたら、ご指摘頂きたいとおもいます。よろしくお願いします。