タグ別アーカイブ: 介護

介護の後で

父がが亡くなってから、七ヶ月が過ぎ、母が亡くなってからは、まだ半年過ぎたところだけれど、なんかもう、月日が随分流れたような気がしている。親戚の人が、がっくり来るよ、寝込むかもしれないね、と心配してくださったけれど、ミーディアムを通じて両親が出てきてくれたせいか、喪失感がほとんどない。ただ、最近、母が使っていた櫛に母の白髪が何本かついているのを見た時、なつかしさがこみ上げて来て、暫く撫でていた。

そんなことなら、母の髪を一房、切っておけばよかったのだけれど、何となく嫌がるかなと思い、また死者に対して冒涜のような気がしてしなかった。なかなか素直に二人に感謝できなかったけれど、今になっては、やはり世の中で一番私のことを思い、気にしてくれた人達だと感謝できる。

父の下の世話は随分したが、母は嫌だろうと思い全くしなかった。でも考えてみると、始めに入った施設で、オムツの取替えをする時は必ず「外に出ていてください。」と言われたので、そういうものかと思い最後までそのようになってしまった。特別そのことに関しては母は何も言ってなかったので、ほっとした。

土、日は必ず、一人ずつどちらかに行っていたので、(一日しか行けない時は一日に二人を見舞った)土、日にどこも行かなくていいということが、こんなに楽で、その分時間があるというのは、私にとってとても新鮮だ。毎日鏡の中で見る自分の顔も心なしか、最近疲れが取れてきた。今になって、やっぱり大変な六年間だったんだと思う。でも色々な方と知り合い、親身になって下さった方とも沢山出会えて、そういう意味では充実した日々だった。

 

美しい顔がぼけてしまって残念!滝を見て下さい。

両親に密に接することができて、アメリカの姉には悪いなと思ったことさえあった。相続に関する宿題が沢山あり、また当分それで駆け回らなくてはいけないが、両親や先祖の方々が向こうで、残した財産に誇りが持てるような受け継ぎ方をしていきたい。スピリチュアリズムを教えて頂いているE氏がよく「自分が汗水たらして得た財産でないものに、執着するのはおかしい。」と言っていたが、その通りだと思う。だから世の中になるべく還元できたら、と思っている。(とは書いたものの、相続の結果プラスになるかマイナスになるかは今のところ見通したたず)

もし余裕があったら、今、一番気になる、虐待防止に何か役にたてることができればいいなと考えている。

 

 

介護に関して思ったこと

多分私は、自分の両親だったので当然のことと思い、世話をした。周りや親戚の方が「本当に大変ね。」と言って下さったことが多かったけれど、いつも「いえいえ、とても大変なのは直接お世話してくださる方達。私は両親がどこにいるべきか、の場所の管理が主ですから。」と答えていた。

少し認知の入った、娘の言うことを全く聞かない父と要介護5で六年になろうとしている母をうちで見なくてはいけなかったら、どうなっていただろう。どんなにヘルパーさんやケアマネさんが助けてくれても、夜はほとんど眠れないだろう。自分が真っ先に天国に(行けたら)いっていたかもしれない。

また、お嫁さんの立場で同じ状況だったら、余程労働として評価され、感謝されなければ割に合わない、と感じただろう。これだけ「家」的な感覚は崩壊し、立場上の「嫁」だけが生きているのは不思議といえば不思議なことだ。相続も嫁はかやの外。実家を兄弟が継いでいれば、実家にも平等な相続を主張するのははばかられるだろう。母はそうだった。(誤解されないように書いておくが、私はそれでよかったと思っている)

介護にも色々なケースがあるが、私は当然、両親のどちらかが介護が必要になれば、一方が主になり、私が手伝い、残された一人を私が看ればいいと思っていた。うちの両親は、年齢差が8歳~9歳なので、当然父を母と介護するものだと思っていた。そしてそれを何となく楽しみにも感じていた。

それなのに母が六年前に倒れ、その時90だった父に何ができるというのか。ようするに一度に二人の介護がスタートしてしまった。何度も父に、母と一緒の施設に入所することを勧めたが、頑として拒否され、泣く泣く遠い練馬まで行ったり、母に会わせるため国立まで送迎することになった。色々足りないことはあったけれど、最後まで好きにさせてあげようと努力したことは認めてほしいな。

うちの中に今お花が沢山ある。花の癒してくれる力が有難い。

お母様も、もうすぐそちらに逝こうとしています。現世で優しくしなかった分、今度はお父様がしっかり、お母様をお世話してください。そして二人で浄化して、天国で暮らして下さい、というのが私の希望です。こちらのことは心配無用。私は太りすぎに気をつけて元気にやります。子供達も意外としっかりやっています。みんなで可愛がった甲斐がありました。有難うございました。