タグ別アーカイブ: 不思議なお話

父、母、その後 (まとめてブログ[1])

父と母のその後を書いておこう。(???)5月4日に叔母様と従姉妹が親子でこちら方面に来るというので、おば様には一度もうちに来て頂いたことがなかったし、自宅に来ていただくことにした。従姉妹は愛知県で、700床の大病院の精神病院の理事長をしている。お父さん(母の弟)から受け継がざるをえなかったのだが、とても謙虚できさくで付き合いやすい。叔母様も両親のことを大変案じてくれて、大変お世話になり、あり難かった。

しかし、ここに難問が。。。お二人とも、特に従姉妹が無類の綺麗好きで、ストレス解消が掃除と整理(捨てられる人)という、私にとってはこの点こそが手に届かない存在の人なのだ。来る二日前から、しぶしぶ?整理を始め、(弁解しておくが、掃除は好きでも嫌いでもない。幸いなことに汚れている所にいるのは嫌いだ。)G.W.中、一人でタイに遊びに行った人の片付けを真似て、せっせと目に付くものを二階や孫のおもちゃ&仏壇がある、ほとんど物置部屋になっている所に移動した。

だけれど、六年間、両親の介護のために目をつむっていた部屋の片付けはなかなかできず、というのもたまには整理しなくてはと思っていた所にくると、どうしても本格的に手を入れてしまうからだ。来る一日前にやっと「後三時間あれば、どうにかなる。」という所まで来た。12時に国立駅で迎えることになっているので、うちを11時過ぎに出るとして、明日は7時に起きれば大丈夫、と思いながら寝た。

つつじの美しい時も今年は早かったです。

さて当日、7時にきちんと目を覚ました。しかし、朝に弱い私は、後30分と思いながら、再び眠りについた。すると、母の「あつこさん!!!」という大きな声で飛び起きた。時計は7時半を指していた。その「あつこさん!」という声は「あ」と「さ」を強く言う独特のイントネーションで、結婚してから私を怒る時は、遠くからでもこう叫び、少し辟易した覚えがある。声も間違いなく母のもの。あまりびっくりして、いっぺんに目が覚めてしまった。お陰で無事、掃除も整理も終わり、叔母に「汚い、汚いと言っていたけれど、普通に綺麗じゃない。」(とても綺麗とは言わなかった)と言わしめたのだ。

後日姉にまた報告したら、「お母様もあの世に行ってからも、気を使って大変ね。」と今まで以上に大笑いしていた。やはり母に感謝するべきだろう。

 

最近起きた不思議な話・最後の巻

一月に一度くらいの割で会う友達がいる。仲はいいのだけれど、どうも気功の話にはぴんときてくれない。話している時、ふと彼女の指先を見ると、「気」が見えるような気がした。あれっと思って見る角度を変えると今度はかなりはっきり見えた。

「気ってみえるのよ。見てみたい?」と言うと彼女は「あっ、是非」とのってきた。幸いそこは丁度みえやすい暗さで、背景は黒い方がいいのだけれど、黒いバッグを持っていたのでその前で「始めに両手の指をくっつけて、静かに離してみて。」と言うと白いものが指と指の間に見えた、と思ったら白い中に赤い炎のような芯も見えた。初めてだったので、「えっ、これは何?ひょっとしてオーラ?」と思った途端、彼女が「見えました、見えました。赤いのですね。周りは水蒸気みたいに白い。」と言ったので、見ているものは同じもののようだった。

お家の庭に咲いていた花。朝顔にみえるけれどこの時期に咲くかしら。

お家の庭に咲いていた花。朝顔にみえるけれどこの時期に咲くかしら。

離した手を互い違いに動かすと、気は指と指の間を斜めの直線になって動く。中指と中指で普通はするが、中指と薬指でも同じように動く。相手は誰でもいいのだ。と話は横道にそれたが、舞台にいる人のオーラは時々見たことがある。江原さんとか美輪さんは余程オーラが強いのだろう。かなり大きく黄色、または金色に見える。また江原さんが手を合わせてから広げたら、とても大きくて太い、綱のような気が両手の間に見え、驚いたことがある。

でも今回は気の中に芯のようにオーラが見えた。でも本当にオーラだろうか?赤い気は見たことがないので多分オーラだろうと思う。がとても不思議な見え方だった。盛んに感心している彼女に詳しく説明する気になれず、この世界はまだまだわからないことだらけだな、と感慨にふける私だった。

 

最近起きた不思議な話・三つの二つ目の巻

今日は数字にまつわる話です。この度、商標登録を取りました。気功の道具に使っている「御気棒」に対する商標で、「KIRAKU」と名づけました。商標登録鉦が届いて少し驚いたのは、「指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分」というお役所らしい長ったらしい項のところで、第10類 患者の患部に直接使用する気功治療用治療器 と今まで禁句と思っていた”患者”、”治療”という言葉が入っていたことです。えっ、いいんだ、何しろ特許庁長官のお墨付きだから、と私は素直に喜びました。

さて、次は不思議なお話。クラスの方に貼っていただく商標登録のラベルを持って行ったのだが、あまり文字が小さくて見にくいので、商標登録鉦を持っていった。クラスが始まる前、クラス費を頂いている時、一人の方が「先生、これからは853という数字がすごくいいんです。友達が言ってました。だから先生に853の入った千円札をお支払いします。この数字はばらばらでも入ってさえいれば、順番も違ってもいいんです。エンジェル・ナンバーにも書いてあります。」と親切におっしゃってくれた。ふ~ん、853なんだと思って次々にくる方にもその話を教えたりしていた。

夜の風景(1) あまりお月様が幻想的だったので、思わず撮った一枚

夜の風景(1)
あまりお月様が幻想的だったので、思わず撮った一枚

ふっと、商標登録の番号はいくつだったかな、と思い、カバンから出して見てみた。あっ、5と8はあるある、と思って次の瞬間「うっそ~!!!」と大きな声をあげた。7桁の内、最後の4桁が0853だった。本当にびっくりした。男性が「神がかってますね。」と言った。帰宅してからどういう意味を持つ数字だろう、と調べたら、霊界にいる上の方達と繫がることができるナンバー、と書いてあった。この数字は私だけのものではなくて、ラベルを貼った御気棒を持つ全ての人達のものなので、そういう意味でも大変うれしいできごとだった。

で終わるところだが、実はこの話は後日談がある。私はお金を一度に出さずに大体10日間使うくらいと考えておろすのだが、その日からATMからおろすお金全てに853が(数字はばらばらだけれど)つく事態になった。三回続けてそうだった。何だか最後は怖くなって、「神様、もういいです。助けてくださるのはよくわかりました。感謝します。」と思った途端、今度は853が揃ったお札は一切出なくなった。嘘のような本当の話で、853が入った6枚のお札を揃えてクラスのヒーリングにいらした方に証拠として見ていただいた。このことも一つの励ましと思って、精進しようと思います。情報をくれて、ラッキーなお札を渡して下さったHさんに本当に感謝です。