色々なジョーク

「二月は逃げる」というけれど本当だ。今日はもう月末。恐ろしいくらい早い。何か対抗手段はないか?睡眠時間?駄目。寝るの大好き。仕事や家事の効率化?既に私のcapacity(能力)を超えている。知人、友人とのおしゃべり?これも駄目。今のところストレス解消の大事な要因。ピアノ、音楽、手放せない。そのうち洋裁関係もしたいし。。。「グリーンブック」も見たいし。。。毎日一生懸命やっているんだけどな~。

ところで、今日は、色々な面白いと思った文やセンテンスを書きとめておこう。まず、歌から(前にも書いたかしら)『焚き火』で「あったろうか?あったろうよ」をある人は「あっ、太郎か?」「あっ、太郎よ。」とずっと思っていた。今は焚き火もできませんが。。。「音がたり」で投稿したラジオネーム「文句の叫び」さん。勿論「ムンクの『叫び』」のパクリ。

両親が亡くなってからお花が絶えません。

以前の『通販生活』の文から。「『一天にわかに掻き曇り』という言葉があるが、では、『一天にわかに晴れ上がり』というのがあってもいいと思うが、そういう言葉はない。でも言葉は始めに誰かが作っているのだから、そのうち慣用になるかもしれない。それが転じて『一点にわかに禿げ上がり』というのもできるかもしれない。」

やはり『通販生活』の投稿から。「私は子供が全く言うことを聞かないで、きれそうになった時、『子供はカスがいい』んだと自分に言い聞かせて怒るのを我慢してきた。『子供はかすがい』の本当の意味をしったのは後のこと。一方主人も『アンネは三日目も安心』と聞いて、『女性の物はすごいな。三日ももつんだ。』と感心していた。」という文を読んで、大笑いした後、やはり似たもの夫婦っているんだな、という感想をもった。

もうすぐ、二月も終わってしまうので、今回はここまで。書きたいことは沢山あるので、三月はもう少し頑張ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください