今年の個人的感想ー時間について

今年ももう、終わってしまう。早いのなんのって。でもこの感じは私の周りの方は皆さんおっしゃっているので、私だけの感覚でもないようだ。何故、時間かかくも早く過ぎていくのか?一つには前倒しの環境があるだろう。今年は7月の末におせちの広告が入った!11月に入ったらクリスマス。「今」を味わう余裕が失われている。

でも、私がもの凄く気力が充実していて、ストレスもさ程感じず体が軽やかに動けば、時間に負けずに何でもぱっぱっとこなして、時間が早く過ぎると感じなかったかもしれない。一日の終わりにああ、これもあれもできなかった、と思うことが増えてきた。このブログを書くことも、夜は疲れてなかなかできなかった。結局年のせいか?とは思いたくないけど、と考えたら、すごく時間が長いと感じた体験を思いだした。

30代の時、卵巣膿腫の手術をして、その後傷口がとても痛かった。二日くらい我慢すれば痛くなくなると言われたけれど、その二日の長かったこと。何度も時計を見て時間が進まないことにがっかりした。その時の経験が今の気功に結びついているので、必要な経験だったかもしれないけれど。

今日の新聞に「がん患者の4割が、亡くなる前の1ヶ月間、身体の苦痛がある状態で過ごしていた」という記事を見た。終末期の方をお願いされて一応診断だけはして、ヒーリングはお断りしたけれど「お陰様でとても安らかに旅立ちました。」という言葉を頂いた。考えてみれば私の両親も、苦痛は父の腰痛以外訴えなかった。それも体位を変えたら治まる程度だった。

両親の一周忌を覚えていて下さる方がいて感謝です。

話が横道にそれたが、時間を長く感じるのが死を目前にした苦痛ある状態というのは避けたい。来年は一日一日を今日が最後と思い過ごし、寝る時には「我ながら精一杯やった」と思えるようにしよう。しかし一つ問題が。昼間突然眠くなる時があり、その誘惑に負けて一眠りする時とても幸せを感じる。60過ぎたらこういう時間が多くなると思って楽しみにしていたのに、「死ぬまで働け。年金もできたら70から。」という時代になり、トホホの今だ。

とにかく来年は、濃い時間を沢山作り、今年は長かったと思えるようにしよう、とこれがNew Year’s Revolution 。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください