孫とお散歩

少し前の話だけれど、孫とお散歩に行った。下の男の子はまだ二歳で、お母さんから離れられず、無類の甘えん坊だった。近くの池がある所に連れていこうと思って、上の四歳のおねえちゃんとベビーカーに乗せて外に出た。

出て歩き出した時から、「かん、かん、かん、かん」と言って泣き出した。泣き出すと何をしても泣き止まないので、「多分、戻っておかんの所に連れて行ったら泣きやむだろうけれど、せっかく出てきたんだから少し泣かせておこう。」ともう片方の手で上の子の手を引いて池の近くまで来た。

すると、もっと激しく、「かん、かん、かん、かん」と泣くので、「世話してやろうってんのに、うるさいよ。」とささくれだっていると、おねえちゃんが「ばあば、〇ちゃんはお水が嫌いだよ。だから向こうから行こう。」と言う。「でも、うちで良く、水道のお水で遊んでるじゃない。」と言うと、「大きなお水が嫌いなの。恐いの。」とかばうので、池の近くまで行かないで、迂回したら、叫び方は小さくなったが、まだ「かん、かん、かん、かん」と相変わらず泣いている。

「かん、かん、かん、かんって、余程お母さんが恋しいね。」と同意を求めると、「違うよ、ばあば、『かんかん』って電車の信号のことで、いつも電車を見に行く方と違う方に来たから、さっきから泣いてるの。」と説明してくれた。

あっ、そうだったのと池のある公園を出て、いつもの方に向かうと、成程、ぴたっと泣き止んだ。さすが、兄弟、いや姉弟、よくわかってる、お姉ちゃん、随分成長したね、と親ばかならぬ、ばばばか的に嬉しくなり、「かん、かん」の方に午後の日差しを浴びながら、三人で向かった。

ばあばのおとんとおかんに手向ける花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です