カテゴリー別アーカイブ: イベント

札幌モエレ沼公園・イべント開催のお知らせ(1)

モエレ沼公園のホームページ

ここで気功教室をします。たまには外に出て自然の良い気を 取り入れたいと思います。

KIRAKU 気功教室 集中3日間
人間なら誰でも持っていると言われる「気」の存在を確認し、どれだけ健康に役に立つかを実感していただく内容です。
今後3期まで開催する予定の第1期です。
KIRAKU 独自のヒーリングも体験できます(予定)

開催日:2015年‎7月19日[日]-21日[火](三日間出席できる方が対象ですが、ご都合により相談に応じます)
開催時間:午前コース 9:30-12:00午後コース 14:00-16:30
21日のみ18:30-21:00もあり (日曜日、月曜日出席の方で日中いらっしゃれない方が対象です)途中休憩あり。時間より多少延びる可能性があります。

☆3日間、無料体験コースを設けました。お気軽にご参加ください。
 無料体験クラスにご参加いただけるのは一度のみです。

無料体験コース時間  9:30ー10:10  14:00ー14:40 の2回です。

会場:ガラスのピラミッド1Fスペース1
料金:午前、午後各回9000円(教材費込み)
定員:12名(先着順)
申し込み方法:申し込み、お問い合わせはこちらから

札幌イヴェント第二弾

札幌でもKIRAKU気功を知っていただこうと、夏にモエレ沼公園で「集中三日間」のイヴェントを行いましたが、今回は第二回目です。

場所は札幌エルプラザ内(札幌駅すぐ近く)の札幌市男女共同参画センター3Fです。9日(土曜日)午後は健康スタジオ1、10日(日曜日)の午前は同じく健康スタジオ1、午後は音楽スタジオ1となります。会場に来てくださればわかります。

気功クラスとしては両日とも午後1時から3時の2時間となります。料金は二回目の方は二日間で5000円、始めての方はプラス1500円の6500円となります。1500円の内訳は教材費1200円(ご気棒代)と300円(プリントしたもの)となります。

10日の午前10時から11時半は気功紹介クラスで無料です。クラスの方もご参加いただけます。1グループ大体15分の短い間ですが気功の威力(?)に触れていただけると思います。

クラスに申し込みの方は予約が必要ですので、下記までお電話ください。質問などもお受けします。

宅電:042-576-4723     携帯電話:090-6023-6140

なお、KIRAKU気功の詳しい説明はこのサイトをご覧下さい。

 

まとめてブログ(1.札幌三日間集中セミナー)

今月19、20、21と札幌で気功集中三日間セミナーを(無謀にも)計画し、おこなってきたのでその報告をします。場所はモエレ沼公園のガラスのピラミッドの1Fスタジオ。場所を申し込んでから(そういえば、来てくれそうな方は誰も知らない)ことに気づき、慌ててこの仕事を始めてから最初の広告を出したのでした。

途中、誰も来ないかもと悩んだのですが経営者の従姉妹が「宣伝になるだけでもいい」と励まされ、中森じゅあん先生からも激励され開催の運びとなりました。

結果発表。クラスには四人の方が来てくださいました。ナ、ナント江原さんに体格、横顔そっくりの男性(自称二十歳)、近くに住む元気のいいお母様と感性鋭い娘さん、三人の小さいお嬢さんがいても頑張って来てくれた若いママ。そして午前中のクラスは中止してフリーの気功体験にしたのですが一日目は若くたくましい青年二人、シンガポール人の女性、午後から息子さんの結婚式に出席予定のご家族三人、二日目は最年少、中学二年生の素直な少年三人、初々しいお嬢さん三人と6人ずつ12人の方、計16人の方々にKIRAKU気功を体験していただきました。

皆さんと一緒に美しく咲きたい。

皆さんと一緒に美しく咲きたい。

他にも偶然バスの隣に座られたナイスなおじ様、昼食時に同席した韓国人二人連れの方、帰りの飛行機でお隣だった上品な奥様(見習わなければと思った)、若い地上乗務員の方には腰と肩の指摘、と「気功紹介いたします」オーラが出ていたのか短い間に多くの方に実演することができ、お陰様で手応え十分な出張でした。

札幌に行く前にひいた中森じゅあん先生の『ANGEL CARD』には「呼応」江原啓之先生の『おとたまオーラカード』には「出会い」が出て、それぞれ「波長を高く保って、いい出会いを」というアドヴァイスだったので、今までもそうだったけれど、なんとどんぴしゃなことが出るんだろうと感激しました。

本当に、上の方も応援してくださったことが良く分かり、広告にご協力くださった皆様や、なんと言っても許可して便宜をはかって下さったモエレ沼公園の事務の方、平日でもカフェを開けてくださった職員の方、こちらで成功を祈ってくださった方々にも感謝の気持ちで一杯です。

有難うございました!

 

 

札幌イヴェント料金について

現在、国立気功クラスでは、一クラス二時間二千円で行っています。ただし見学は無料、体験参加は千円、後半一時間程度のヒーリングのみの参加も千円頂いています。札幌もこの基準で料金を考えました。

教材は御気棒というのを使いますが、これは国立クラスでは気功をある程度修得した方で、御気棒の効果を納得して頂いた方にしかお渡ししていません。1本目は細い御気棒です。お値段は国立ではほとんど原価の千円です。札幌では時間が短いのと、多分次まで間があいてその間せっかく習ったことを忘れてしまう可能性があるので、気功に関する簡単な説明の小冊子(書き込み式)と御気棒とセットで千五百円が教材費となっています。

ただ、御気棒の効果を納得できない方に対しては購入していただくこともできませんので、その時は千円はお返しするつもりです。国立クラスの方は「自分の御気棒」としてヒーリングによく使って下さっています。御気棒は、赤、黄色、白、緑、青、紫とまさしく色々あり皆さん御自分がぴんときた色を選んでらっしゃいます。札幌イヴェントに来てくださる方も楽しみにして頂きたいと思います。

何故札幌開催なのか?

東京に住んでいて、何故札幌でイヴェントを開催なのかと思われた方も多いと思います。理由は三つあります。

一つはあるホテルでのできごと。ホテルで朝食をとっている時、前のテーブルから親子のこんな会話が聞こえてきました。娘さん「腰がとても痛くて」お母様「大丈夫?」そこで思わず手でみると腰のあたりにかなりの邪気が感じられたので、気功師であることを名乗ってヒーリングさせて頂きました。するとお母様が「札幌の中央区に住んでいます。もし札幌にいらっしゃることがあれば是非習いに行きたい」とおっしゃったのが頭にありました。ただ札幌市は広すぎて告知が届かない恐れがある。残念です。

二つ目は札幌をこれからの地方セミナーの雛形にしようと思ったからです。
聞くところによると、札幌で受け入れられたものは他でも成功する確率が高く、全くだめなら他でも成功は難しいようです。経営者の従姉妹は「失敗でもいいじゃない。始めてのことなんだから。誰も来なくてもやる意味はあるよ。宣伝にはなるから」と力強い激励をくれました。

東京、立川市、昭和記念公園のお花です。

東京、立川市、昭和記念公園のお花です。

三つ目は夏の企画は北海道に限る、と思ったのですがこれはどうやら甘かった。HPの先生は北海道出身なのですが、「今の札幌の夏の暑さを知らないな。朝夕は寒いくらいなのに、昼間は暑くて寒暖の差は激しいし。」と厳しい現実を教えてくれました。スピリチュアリズムの師によると「人生は経験と感動。皆転ぶ権利がある」とおっしゃってたので、ま、しょうがないかと思ったのですが、この前の講座では確か「進むより引き返す方が勇気がいる、勇気を持ちましょう」とも聞いたし、悩ましいのですが結局進む方を選びました。気功は一度しっかり修得すると一生の宝です。これを読んで下さっている札幌の皆様、是非参加なさってください。

札幌セミナー

セミナーはできたら三回開く予定で、こちら(東京都国立市)では毎月開いていて、丸三年経ちましたが、なにしろ札幌は遠いので、三日間集中を三回行うという企画にしました。

一回目なのでまず「気」の存在を感じていただくことを第一の目標にしようと思っています。後の「フォロー」はどうするのか、とある方から言われましたが今は携帯一本で繫がる時代ですし、私は遠隔でも見ることができますから大丈夫です。

一日の流れは、まず気功に関する話をしてから、軽い体操、気功第一式、腹式呼吸の確認、瞑想、気功によるヒーリング、気功第二式となります。その他にも気の確認や今回は外にも出ますので、かなり充実した内容になっています。

ヒーリングだけの気功なので、人を飛ばしたり、手であやつったりはしませんし、私もそういうことはできません。長寿時代に向けて元気に生きるための気功と思ってくださればいいと思います。宗教、政治一切関係ありませんので安心して参加なさってください。

モエレ沼公園気功教室・イベント詳細(2)

せっかく広大なモエレ沼公園でのイベントですから、外へ出ての「気功式」も行います。自然の良い気をたくさん取り入れましょう。

また自然からいかに多くの気が出ているかも、散策しながら体感します。これも「気」が出ているから分かることですけれど個人差はあります。何となく感じるだけでも未知への世界が開けるでしょう。

天気がよければ、KIRAKUオリジナル「太陽エネルギー」の取り入れもしてみましょう。私のクラスで何回もしてきましたが、一番人気の高いヒーリングでした。

遠くから足を運んでモエレ沼公園まで来て良かった、と思っていただけるイベントにします。